芸能人2

吉行和子【顔変わった】ボトックスで表情怖いし不自然?病気説も浮上!整形いつした?



女優の吉行和子さんの『顔が変わった』と話題になっているようです。

最近の吉行さんは「顔が怖い」「表情が不自然」と騒がれているといいますが、どうやらその原因にはボトックス整形や病気の噂も。

そこでここでは、吉行和子さんにまつわる

  • 顔が変わった理由はボトックス整形
  • ヒアルロン酸で顔が怖いし表情が不自然
  • 顔の変化は病気が原因
  • 整形いつした

について詳しく紹介します。

ぜひ、最後までお付き合いくださいね!





吉行和子【顔が変わった理由】病気説も浮上!

2022年現在87歳の吉行和子さん。多くの作品で活躍されている大女優です。

そんな吉行さんの顔の変化が話題になっています。

2019年テレビ東京系のドラマ『執事 西園寺の名推理2』に出演した吉行和子さん。同作品への出演は、病気療養中の八千草薫さん変わる代役でした。

資産家の奥様役を演じた吉行さんでしたが

  • 酒焼けしたような声がどうしても気になる
  • 吉行さん顔が変わって別人みたい。なんかの病気かな?

と吉行さんの体を心配する声がSNSにあがりました。

あまりにも酷いしゃがれ声に病気説まで浮上したようですが、実は吉行さんは、プライベートでは喫煙者でお酒もかなり好きといいます。

2歳の頃に小児喘息を患い病弱な子供時代を過ごしたという吉行さん。しかし、50歳を過ぎた頃から症状も落ち着いているとか。

これらのエピソードを聞く限り、病気で顔が変わったとは思えませんよね。

また、吉行さんが病気で入院されたとの報道も今のところありません。

顔の変化の原因は病気ではなく、他に理由がありそう。

そこで、吉行和子さんの「顔変わった」を調べたところボトックス整形という噂が流れていました。

吉行和子【顔の変化】はボトックス整形?

吉行和子さんの顔の変化を探ってみたところ

  • ボトックス整形
  • ヒアルロン酸
  • アンチエイジング

をやったのではないか?との噂が囁かれていました。

吉行さんに騒がれているボトックス整形とはどのようなものなのでしょうか。

ボトックスはボツリヌス菌という細菌の一種から抽出されるたんぱく質の一種。これを注入することで筋肉の働きを弱め、収縮を抑制する効果を得ることができるそうです。

ボトックスを注入すると下記の効果が得られるとか。

筋肉の収縮が局所的に弱まりますのでシワの解消効果を得ることが出来ます。 シワ解消の効果が期待できる箇所としては、額・目尻・眉間・首・顎などが挙げられるでしょう。

引用元:美容医療相談室

シワの解消効果の他には、口角を上げたり脚の痩身効果もあると言われるボトックス。メスを使わず注射だけで整形できるとの理由から、気軽に始める人も増えているといいます。

アンチエイジング効果もあって気軽にできるボトックスは、顔のたるみやシワに悩む女性にとっては魅力的。

しかし、ボトックスには筋肉を弛緩させる作用があるため、打つ場所を間違えると表情を作る筋肉が動きずらくなり

  • 目が開きにくい
  • 瞼が重い
  • 表情が無くなる
  • 笑顔がこわばって不自然
  • 左右非対称になる
  • 噛む力が低下する

といった違和感に悩まされる人もいるとか。

ボトックス整形が噂される吉行和子さん。最近は『顔が怖い』『顔が不自然』と騒がれているようです。

吉行和子【ボトックス】で表情怖いし笑顔が不自然

リスクも騒がれているボトックス。笑顔が不自然になったり表情が硬くなって引きつったような顔になることもあるそうですが…。

最近の吉行和子さんの顔画像を見てみると

確かに表情が引きつっていますし、硬直気味の笑顔が怖い。親友でもある84歳の藤真奈美さんはとてもナチュラルな表情ですよね。

また、打ち方を誤ると瞼が垂れ下がって目が小さくなることもあるというボトックス。

吉行和子さんの画像を見てみると

以前よりも目が小さくなった感じがしますね。

ボトックスによるアンチエイジングのやり過ぎで、表情が怖くなり不自然な顔になったと指摘されている吉行和子さんですが、いつ頃から顔が変わったのでしょうか?

吉行和子【ボトックス整形】いつから?

20歳の頃から芸能界で活動されている吉行和子さん。そんな吉行さんの若い頃の画像がこちらです。

色気がスゴイですしキレイですよね。

さまざまな作品でバイプレーヤーとして活躍された吉行さんに、ボトックス整形が騒がれ始めたのは2016年頃。

当時の吉行さんは80歳を迎えた年齢。なにか心境に変化があったのでしょうか?

吉行和子【ボトックス整形】画像検証!

2022年現在ボトックス整形の噂が絶えない吉行和子さんですが、少し遡って画像検証してみます。

こちらは2013年の画像。

当時78歳の吉行さんですが、引きつり感もなくナチュラルな表情ですよね。

ただ、女優さんという職業柄あらゆる美容法を取り入れているのでしょう。実年齢よりもお若く見えますね。

こちらは2014年の吉行和子さんの画像。

画像を見た感じではほうれい線もくっきりですし、頬のたるみも見受けられます。

しかし、2016年頃になると表情が引きつった感じに…。

不自然なまでに顔がパンパン。顔全体のシワも目立たなくなりました。

頬もふっくらして若返ったように見えますね。

2016年頃から『顔変わった』と騒がれるようになった吉行さんですが、以前の顔と画像比較してると・・・

ボトックスの影響なのか、顔の引きつり感が明らかに違いますね。

ちなみに吉行さんの出演作を調べてみたところ、2015年の活動はほとんどない状態。

ひょっとすると、仕事をセーブしていた2015年頃にアンチエイジングに専念されていたのかもしれません。

2016年頃を境に顔の変化が指摘されるようになった吉行さん。以降はみるみるうちに顔が変わっていきます。

①吉行和子2017年

2017年の吉行和子さん。

笑顔が引きつってる。口角が硬直していますね。

②吉行和子2018年

こちらが2018年の画像。

二重瞼に違和感を感じます。

③吉行和子2019年

2019年のお顔がこちら。

別人にみえます!吉行和子さんと言われなければわからない人もいそうですよね。

2019年映画『雪子さんの足音』に出演した吉行さんですが、注目すべきは次の画像。

ベッドで横たわるシーンなのですが、お顔がピーンと張っている。加工なのかもしれませんが、なんとも不自然に見えますよね。

④吉行和子2020年

続いては2020年の吉行和子さんです。

口が動かないのか笑顔が怖い…。表情が固まっている感じですね。

⑤吉行和子2021年

こちらは2021年の画像。

誰やねん!と突っ込みたくなりますね。

表情がこわばってる…。

何か入っているかのような不自然な頬。目尻にシワもありませんし瞼が垂れ下がって目が小さく見えます。

⑥吉行和子2022年

そして、2022年現在の吉行和子さんです。

笑顔が引きつって見えます…。顔が硬直して表情が怖いですよね。

Twitterにも不自然な顔を指摘する声があがっています。

https://twitter.com/blueblue0330/status/1582615726946672640?s=20&t=gDCR6njFAY_mJpxNeaWe0A

吉行和子さんの整形疑惑を検証するため時系列で画像を紹介しましたが、やはり巷の噂通りボトックス整形を受けたと推測できますね。

注入後約2日〜1週間くらいで効果が現れて、約4〜6ヶ月くらい持続できるというボトックス。

吉行和子さんの場合、定期的にメンテナンスしてる可能性が高そうですよね。

まとめ

吉行和子さんに囁かれているボトックス整形を画像検証しました。

アンチエイジングのやりすぎで「顔が怖い」「表情が不自然」と指摘されている吉行和子さん。2016年頃から顔が急激に変わります。

個人的には何もしない自然な顔の吉行和子さんの方が魅力的だったと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。