芸能人

GReeeeNヒデの実兄『JIN』バンド歴や現在は?プロデュース数がすごい

メンバー全員が歯科医師免許持ち。

歯科医師として全国で従事する傍ら、歌手活動では多くのファンを熱狂させ続けているGReeeeN

そんな彼らをプロデュースしたのが、JINさんです。

実はJINさん、GReeeeNリーダーHIDEさんの実兄でもありました。

今日は、JINさんについて詳しくご紹介します!

GReeeeNヒデの実兄『JIN』バンド歴や現在は?

JIN(ジン)
生年月日:1977年4月11日
出身:大阪府高槻市
職業:音楽プロデューサー、ミュージシャン

JINさんは大阪府出身、10代でバンド活動を開始しました。

あらゆる変遷をたどりながら、現在は音楽プロデューサーとして活動の幅を広げています。

JINのバンド歴

1996年~2003年

CHILD HOOD’S END(途中でCHILDに改名)にてギター担当

JINさんは1996年ころからバンド活動をしていました。

当時のバンド名はCHILD HOOD’S END(途中でCHILDに改名)。

ヴィジュアル系ロックバンドとして知られていました。

当初、JINさんは「陣」と名乗りギターを担当。

2002年にJINに改名しています。

2003年~2005年

Indigo7にてベース担当

Indigo7とは2003年に結成されたバンドです。

JINさんはIndigo7の初代メンバーとして活躍しました。

Indigo7時代JINさんの活動ネームは嵐山陣

JINさんの実家が京都の嵐山にあることが由来でしょう。

Indigo7ではベースを担当していました。

2005年~2006年

NICKにてボーカル担当

JINさんはその後、2005年から別のバンド『NICK』でボーカルも担当。

2005年~2008年

PAY MONEY TO MY PAIN(通称P.T.P.)にてギター担当

JINさんは、2005年からは別のバンド(P.T.P)でキターも担当するようになります。

JINさんはPAY MONEY TO MY PAIN活動時、NICKのボーカルと掛け持ちしていました。

さらに、2002年からは実弟HIDEさんを含めたGReeeeNをプロデュース

徐々に忙しさを増すJINさんは、2008年4月 PAY MONEY TO MY PAINを脱退することに。

脱退理由として、PAY MONEY TO MY PAINのメンバーはこう答えています。

JIN君が自分でヴォーカルをやってるバンドだったり、
GReeeeNのプロデュースとかもあって忙しくてP.T.P.の活動はそんなにたくさんできないってことだったので、脱退することになりました
引用:https://gekirock.com/interview/2012/10/pay_money_to_my_pain_2_5.php

脱退ライブの際、JINさんはファンも驚く行動を残しています。

JINさんは衝動的にギターを破壊したのでしょうか?

実はそうではありませんでした。

以後、これ以上のボーカルに出会えない事を直感していたのでギターを放り投げてやめました
引用:https://gekirock.com/news/2013/11/pay_money_to_my_pain_dear_k_from_jin.php

JINさんは、PAY MONEY TO MY PAINのボーカル・Kさんとの別れを惜しんでの行動だったと語っています。

2008年~

High Speed Boyzにてボーカルとして活動

2008年からは新たにHigh Speed Boyz というロックバンドが結成されました。

バンド名の意味は、「夢に向かって走る男たち」。

JINさんはこのバンドでボーカルとして活動をはじめます。

しかし2021年現在、High Speed BoyzのメンバーはJINさんと、Sun Foreverのみ

Sun Foreverとは、

もともとHigh Speed Boyzがステージでバンドのメンバーとして使っていたキャラクター
引用:https://cgworld.jp/regular/1502-vfxanatomy-051.html

Sun Foreverは2014年4月にHigh Speed Boyz正式メンバーとして発表されました。

そして 2015年 JINさんはツイッターでこのように呟いています。

High Speed Boyzとは概念である

一体どういうことなのでしょうか?

その答えはツイッターにありました。

High Speed Boyzはアーティストの枠を超え、企業名として生まれ変わったようです。

JINの現在

JINさんは2021年現在、GReeeeNなど数多くのプロデュース業を行っています。

さらに、2020年4月からは、StayHomeに合わせてYouTubeチャンネルも開設

他にも、2016年にはスマホアプリに音源を提供したり

GReeeeNの『beautiful days』ではJINさんがドラムを担当

さらに、2016年公開の映画『キセキ ーあの日のソビトー』ではタイトルコールにJINさんと弟のHIDEさんが参加。

また、過去にはGReeeeN発祥の地 福島の復興ボランティアにも参加しています。

https://twitter.com/JIN___X/status/1191265703447293953?s=20

GReeeeNの5人目のメンバーとして、JINさんは日々奮闘されているようですね!

 

GReeeeNヒデの実兄『JIN』プロデュース数がすごい

JINさんがこれまでにプロデュースしてきたアーティストは、100組以上

その一部をご紹介します。

BAReeeeeeeeeeN(バリーン)

2008年結成 GReeeeN、BACK-ON、JINの期間限定ユニット

mini(ミニ)

2010年 『Are U Ready?』でデビュー

miniさんは、その美脚に1億の保険がかかっていることでも話題になりました。

前川紘毅の新曲

2012年 『君が大好きで feat. 與真司郎(AAA)』

morioni(森友嵐士、鬼龍院翔のデュエット)シングル

2015年 『サヨナラは歩き出す』

ゆず

2013年『イロトリドリ』

ゆずとは、『イロトリドリ』の他 2014年には『ヒカレ』

2017年には『タッタ』を共同作曲しています。

https://twitter.com/JIN___X/status/841502729642029056?s=20

ジャニーズWEST

2020年 6枚目のアルバム 「W trouble」に収録されている「HEY!!!!!!!」

他にも、

 

GReeeeNの妹分whiteeeen

2016年開催 DANCE ALIVE HERO’Sの音響担当

M.E.D.S

2020年 Pay money To my PainメンバーPABLOさんたちと組んだ新バンド

JINさんはGReeeeNだけにとどまらず、多岐にわたってプロデュース活動をされているんですね。

まとめ

GReeeeNのリーダーHIDEさんの実兄JINさんについいてご紹介しました。

GReeeeNのプロデューサーということで、普段はあまり表に出てこないJINさん。

しかしそんなJINさんの正体は、数多くのバンドで音楽経験を積み、

100組以上のアーティストを仕掛ける凄腕プロデューサーなのでした。

GReeeeNそしてJINさんの今後の活躍にも期待しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。