芸能人

GReeeeNヒデの実兄『JIN』バンド歴や現在は?プロデュース数がすごい



メンバー全員が歯科医師免許持ちというGReeeeN。

歯科医師として全国で従事する傍ら、歌手活動では多くのファンを熱狂させ続けています。

そんな彼らをプロデュースしたのが、JINさんです。

実はJINさんは、GReeeeNリーダーHIDEさんの実兄でもありました。

今日は、JINさんについて詳しくご紹介します!





GReeeeNヒデの実兄『JIN』バンド歴や現在は?

  • JIN(ジン)
  • 生年月日:1977年4月11日
  • 出身:大阪府高槻市
  • 職業:音楽プロデューサー、ミュージシャン

JINさんは大阪府出身、10代でバンド活動を開始しました。

あらゆる変遷をたどりながら、現在は音楽プロデューサーとして活動の幅を広げています。

JINのバンド歴

1996年~2003年

CHILD HOOD’S END(途中でCHILDに改名)にてギター担当

JINさんは1996年ころからバンド活動をしていました。

当時のバンド名はCHILD HOOD’S END(途中でCHILDに改名)。

ヴィジュアル系ロックバンドとして知られていたようです。

当初、JINさんは「陣」と名乗りギターを担当。

2002年にJINへ改名しています。

2003年~2005年

Indigo7にてベース担当

Indigo7とは2003年に結成されたバンドです。

JINさんはIndigo7の初代メンバーとして活躍しました。

Indigo7時代JINさんの活動ネームは嵐山陣。JINさんの実家が京都の嵐山にあることが由来でしょう。

Indigo7ではベースを担当していました。

2005年~2006年

NICKにてボーカル担当

JINさんはその後、2005年から別のバンド『NICK』でボーカルも担当。

2005年~2008年

PAY MONEY TO MY PAIN(通称P.T.P.)にてギター担当

JINさんは、2005年からは別のバンド(P.T.P)でキターも担当するようになります。

JINさんはPAY MONEY TO MY PAIN活動時、NICKのボーカルと掛け持ちしていました。

さらに、2002年からは実弟HIDEさんを含めたGReeeeNをプロデュース。

徐々に忙しさを増すJINさんは、2008年4月 PAY MONEY TO MY PAINを脱退したそうです。

脱退理由として、PAY MONEY TO MY PAINのメンバーはこう答えています。

JIN君が自分でヴォーカルをやってるバンドだったり、
GReeeeNのプロデュースとかもあって忙しくてP.T.P.の活動はそんなにたくさんできないってことだったので、脱退することになりました。
引用:https://gekirock.com/interview/2012/10/pay_money_to_my_pain_2_5.php

脱退ライブの際、JINさんはファンも驚く行動を残しています。

JINさんは衝動的にギターを破壊したのでしょうか?

実は、そうではありませんでした。

以後、これ以上のボーカルに出会えない事を直感していたのでギターを放り投げてやめました
引用:https://gekirock.com/news/2013/11/pay_money_to_my_pain_dear_k_from_jin.php

JINさんは、PAY MONEY TO MY PAINのボーカル・Kさんとの別れを惜しんでの行動だったと語っています。

2008年~

High Speed Boyzにてボーカルとして活動

2008年からは新たにHigh Speed Boyz というロックバンドが結成されました。

バンド名の意味は、夢に向かって走る男たち。JINさんはこのバンドでボーカルとして活動をはじめます。

しかし2021年の時点で、High Speed BoyzのメンバーはJINさんとSun Foreverのみ。

Sun Foreverとは、

もともとHigh Speed Boyzがステージでバンドのメンバーとして使っていたキャラクター
引用:https://cgworld.jp/regular/1502-vfxanatomy-051.html

Sun Foreverは2014年4月にHigh Speed Boyz正式メンバーとして発表されました。

そして 2015年 JINさんはツイッターでこのように呟いています。

High Speed Boyzとは概念である、一体どういうことなのでしょうか?

その答えはツイッターにありました。

High Speed Boyzはアーティストの枠を超え、企業名として生まれ変わったようです。

JINの現在

JINさんは2023年現在、GReeeeNなど数多くのプロデュース業を行っています。

さらに、2020年4月からは、StayHomeに合わせてYouTubeチャンネルも開設

他にも、2016年にはスマホアプリに音源を提供したり

GReeeeNの『beautiful days』ではJINさんがドラムを担当。

さらに、2016年公開の映画『キセキ ーあの日のソビトー』ではタイトルコールにJINさんと弟のHIDEさんが参加。

また、過去にはGReeeeN発祥の地 福島の復興ボランティアにも参加しています。

GReeeeNの5人目のメンバーとして、JINさんは日々奮闘されているようですね!

GReeeeNヒデの実兄『JIN』プロデュース数がすごい

JINさんがこれまでにプロデュースしてきたアーティストは、100組以上

その一部をご紹介します。

BAReeeeeeeeeeN(バリーン)。

2008年結成 GReeeeN、BACK-ON、JINの期間限定ユニット。

mini(ミニ)。2010年 『Are U Ready?』でデビュー。

miniさんは、その美脚に1億の保険がかかっていることでも話題になりました。

前川紘毅さんの新曲。

2012年『君が大好きで feat. 與真司郎(AAA)』。

morioni(森友嵐士、鬼龍院翔のデュエット)シングル。

2015年『サヨナラは歩き出す』をリリースします。

ゆず。2013年『イロトリドリ』。

ゆずとは『イロトリドリ』の他、2014年には『ヒカレ』。2017年には『タッタ』を共同作曲しています。

WEST(旧ジャニーズWEST)。

2020年6枚目のアルバム 「W trouble」に収録されている「HEY!!!!!!!」を手掛けました。

GReeeeNの妹分whiteeeen。

2016年開催 DANCE ALIVE HERO’Sの音響担当。

M.E.D.S。2020年 Pay money To my PainメンバーPABLOさんたちと組んだ新バンド

JINさんはGReeeeNだけにとどまらず、多岐にわたってプロデュース活動をされているんですね。

GReeeeNヒデの実兄JIN【まとめ】

GReeeeNのリーダーHIDEさんの実兄JINさんについいてご紹介しました。

GReeeeNのプロデューサーということで、普段はあまり表に出てこないJINさん。

しかしそんなJINさんの正体は、数多くのバンドで音楽経験を積み、

100組以上のアーティストを仕掛ける凄腕プロデューサーなのでした。

GReeeeNそしてJINさんの今後の活躍にも期待しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

GReeeeNメンバー勤務先の歯科医院どこ?場所は札幌・沖縄・福島で口コミ情報も4人組ボーカルグループGReeeeN。2020年紅白出場では、メンバーの顔出しが本物なのかどうか物議を醸しました。 実はこれまで、GR...
GReeeeNの出身地や高校・大学どこ?メンバー別に詳しく紹介!4人組ボーカルグループGReeeeN。本業の歯科医師に支障をきたさないよう、頑なに素顔を隠して活動されています。 2020年12月31...
GReeeeN顔バレ画像公開!NHK紅白で顔出し初の貴重映像!本当に本人?4人組ボーカルグループGReeeeN。2007年にデビューしてから数々のヒット曲を生み出しています。 実はこれまでGReeeeNメンバ...