芸能人

高橋一生の私服がダサい?チェーン外せばダサくない!肯定派意見を詳しく

大人のクールさを持つ高橋一生さん。

スタイルが良く、どんな服でもバッチリ着こなせるイメージですよね。

そんな高橋一生さん、実は私服がダサいのでは?とささやかれています。

一体どのような私服なのでしょうか?

気になりますよね!

今回は高橋一生さんの私服について見ていきたいと思います!

高橋一生の私服はダサいのか?腰のチェーンが残念!

高橋一生さんの熱愛報道が出た際、なんと私服が注目されてしまい話題となりました。

キャスケットレザージャケットゆるめのパンツウォレットチェーンという装いだ。

しかし、ネット上では「ダサい」と話題になっている

特に女性から指摘が多かったのがレザージャケットと、

それに合わせたウォレットチェーン

https://nikkan-spa.jp/1458003

「そもそも、なぜチェーンを付けているのか意味がわからない」

「とんがり靴と同じぐらい謎のアイテム」

「レザージャケット……なんか違うような」

「30代でウォレットチェーンは痛い」

やはり印象的なのはウォレットチェーンのようです。

ウォレットチェーンがダサいイメージになっています。

ウォレットチェーンとは財布をパンツの後ろポケットに入れる際、財布とパンツのベルトループをつなぐ鎖や紐のことです。

財布の落下防止、盗難防止のために使われますが、アクセサリーとしての一面もあります。

90年代に流行しましたが、その後は「ダサイ」格好とされてきました。

https://osusume.excite.co.jp/134433

しかしこれだけではありません。

高橋一生さんの私服姿をもう一枚見てみましょう!

“11月のとある夜”に世田谷区内の大通りを歩く高橋の姿を収めた写真が掲載されたもの。そこにはゆったりとしたパンツとGジャンを着こなし、頭上にはあまりにも個性的なアシンメトリー形状の帽子が存在感を放っている。

https://asajo.jp/excerpt/64343

デニム生地でキメてます!

正直私にはこの私服を評価できないのですが巷でこんな意見が…

『この帽子被られたらさすがに見てしまうかも…』

『Gジャンは別に良いが、変な帽子。花咲爺さんを意識してるの?』

高橋一生さんは基本的に大きなキャスケットをかぶっていることが多いようです。

ただチェーン同様、評判はあまり良くないようです。

https://twitter.com/adrastea_kasumi/status/1071696811738357760

顔を隠す効果もあるのかもしれませんね!

実は高橋一生の私服はダサくない!肯定派意見まとめ!

前半は高橋一生さんの私服に対してマイナスな意見を紹介しました。

しかし、高橋一生さんの私服を「ダサくない!」と感じる方ももちろん大勢います!

https://twitter.com/da_ice_yyk/status/968707948322152449

熱愛報道で判明した個性的ファッションですが、

高評価と取り上げている記事もありました。

『花咲爺さんルック』と呼ばれていた今回の私服姿ですが、

ネットでは意外と好評。

『ダサいけど、面白い!』

『チェーンは嫌だったけど この帽子は逆に好感度アップ(笑)』

と一周まわって好印象となったようですね。

https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201812_post_188332/

お笑いコンビのおぎやはぎがパーソナリティを務めるラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』でもこの件について触れており、

おぎやはぎの矢作兼は

「高橋一生さんの格好、全然違和感ないんだけど。こういう人でいいじゃん」

と肯定的に語っていた。

「もっと誠実そうな格好してほしいってこと? チノパンとか穿いてて欲しいってこと? これ、別にそんな変な格好じゃないよ」

相方の小木博明も

これは、ザ・役者の格好だよね。格好いいよと同調。

https://news.line.me/issue/oa-flash/c1e6231e7f4d

さらに高橋一生さんは2018年にベストジーニスト賞を受賞されています!

俳優の高橋一生が15日、都内で行われた最もジーンズが似合う著名人に贈られる第35回『ベストジーニスト2018』協議会選出部門を受賞し、表彰式に参加した。

「自分が10代の頃から耳にし、目にしていたベストジーニスト賞をいただけたことがうれしく思っています。

自分にとってジーンズは肌の一部、生活の一部。

こういった賞はとても光栄です。これからもジーンズを愛し続けたい」

と喜んだ。

https://www.oricon.co.jp/news/2121513/full/

この日は高橋一生さんの私服で登場されていました。

「きょうはこの後現場なので、『普段の格好で来ていただきたい』とのことで、コレ全部普段(着)です。このまま僕、スタジオ行きます。デニムのジャケットを着ることは多いですね。レイヤードできるので」

https://www.oricon.co.jp/news/2121513/full/

ところでこの服、見覚えありませんか?

インナー以外は同じように見えますよね。

本当に普段の服を着て登場したことがわかります。

ベストジーニスト賞を受賞されたということは

高橋一生さんの着こなしが評価されているということだと思います。

高橋一生さんは一つ一つのアイテムにこだわりを持ち、

大切にされていると感じました。

高橋一生さん愛用のブランドを紹介!

高橋さんの身に着けているものでいくつかブランドが判明したものがあります。

ルイスレザーのライダース

 

レザージャケットは、恐らく『ルイスレザーズ』のアイテムだと思いますが、

ポール・マッカートニーなどのミュージシャンが愛用しているブランドです。

https://nikkan-spa.jp/1458003

芸能界でも愛用されている方が多いです。

ビートルズ ポールマッカートニー

THE BLUE HEARTS 甲本ヒロト

バイきんぐ 小峠英二

渋くかっこいい大人の男性が着こなすイメージですね。

クロムハーツまたはルイ・ヴィトンのウォレットチェーン

芸能人にもクロムハーツ愛好家が多くいます。

元SMAP 木村拓哉

ロック・シンガー 氷室京介

ミュージシャン 西川貴教

ダウンタウン 松本人志

しかし他のブランド説も!

ちなみに前回のチェーンは『SPUR』(集英社、17年11月号)で着用していたルイ・ヴィトンのものと言われています。

https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201812_post_188332/

どちらにせよ高級ブランドですね。

レッドウイングのブーツ

アメリカのミネソタ州で誕生した、レッド・ウィング社(RED WING)は、

100年以上の歴史を持ちながら今もなお人気を集め続けているワークブーツメーカーです。

https://www.gsc-rinkan.com/column/red-wing/red-wing-celebrity/

こちらも多くの芸能人が愛用しています。

元SMAP 木村拓哉

ユニコーン 奥田民生

ダウンタウン 浜田雅功

さまぁ~ず 三村・大竹

ビズビムのジーンズとリュック

スタイリストや、ファッションエディターにも、ビズビムのファンは多く、元々、スタイリストの間で、ビズビムのスニーカーが話題となり、ファッションフリークへと浸透しました。

ビズビムは、2000年に創業された、日本のブランドです。

HOLISTIC STYLE BOOK より

価格は10万前後のものが多く、比較的良心的なお値段のようです。

まとめ

今回は高橋一生さんの私服について調べてみました。

ひとつひとつのアイテムにこだわりを持ち、とてもスタイリッシュなセンスだと個人的には感じました。

しかし中にはそれがダサいと思う方もいたようです。

俳優としての高橋一生さんと普段の高橋一生さんのイメージが

あまりに違いすぎたため違和感を持ってしまうのかもしれません。

私はどちらの高橋一生さんも素敵だと思うので

これからも応援し続けます!