芸能人

伊藤沙莉の童顔&ハスキーボイスが可愛い!低い’あえぎ声’は特訓で習得?

女優、声優、ナレーター。数々の分野で活躍をみせる伊藤沙莉さん。

いま世間では、伊藤沙莉さんの『』に注目が集まっています。

今日は、伊藤沙莉さんのハスキーボイスの魅力をたっぷりお届けしましょう。

伊藤沙莉の童顔&ハスキーボイスが可愛い!

実は『声』がコンプレックスだった伊藤沙莉

伊藤沙莉さんといえば、ハスキーボイス

しかし、本人は長年コンプレックスに感じていたようです。

とにかく可愛いセリフが似合わない
声のせいでいじめっこ役ばかりだった
引用:https://www.asahi.com/and_w/entertainment/ent_3137248/

伊藤沙莉さんに、そこまでネガティブに思わせるきっかけは何だったのでしょうか。

きっかけは中学生の時に受けたオーディションでかけられた「普通の声だね。特徴的でもないし、面白味もない」との心無い言葉
引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071500550&g=soc

この一言は伊藤沙莉さんの中で、自分の価値観を変えてしまうほどの衝撃でした。

元々は自分の武器だと思っていた声がただのガラガラ声に思えて「一気に嫌いなパーツになりました
引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071500550&g=soc

多感な中学生にとって、大変なショックだったに違いありません。

しかし、そんな伊藤沙莉さんに転機が訪れます。

20歳を過ぎ、ある先輩俳優に「あなたにしかない声で説得力が生まれている。そこを否定するのはすごくもったいない」との言葉をもらい、自信を取り戻せた
引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071500550&g=soc

“この声だからこそ”できることがある。武器にだってなる」と気づいた
引用:https://movie.walkerplus.com/news/article/198641/

そこから伊藤沙莉さんは、声のお仕事も意欲的に取り組み始めます。

2019年公開の映画『ペット2』でシーズー犬・デイジーの日本語吹き替えを担当。

さらに、2020年にはアニメ『映像研には手を出すな!』でTVアニメ声優初挑戦ながら、主人公役に大抜擢されています。

黒髪で少し勝気な顔をした少女が、伊藤沙莉さんが演じた主人公・浅草みどりです。

アニメ第1話を視聴したファンからは

めちゃくちゃ自然で面白くて誰かと思ったら伊藤沙莉ちゃんで全私が湧いた
伊藤沙莉さんの声がつよい
伊藤沙莉が最高なのは分かった
凄く自然にアニメ見られました

さらに原作ファンからも、「マジでこれ以上にない配役だろ」と大絶賛。

伊藤沙莉さんの高い演技力が評価され、大きな話題となりました。

動画|2020年伊藤沙莉が活躍したCM

伊藤沙莉さんは2020年 6社ものCMで活躍しています。

サントリー食品インターナショナル
大東建託
東京ガス
日本マクドナルド
TVer
メルカリ

いずれも有名企業ばかり。すごいですね!

実際のCM動画もご紹介します。

サントリー食品インターナショナル

大東建託

東京ガス

日本マクドナルド

TVer

メルカリ

他にも、2020年12月23日に公開されたサントリーBOSSのCMでは、2020年世界中で大流行した新型コロナウィルスと奮闘する看護師役を体当たりで演じています。

伊藤沙莉の声は可愛い?苦手?世間の声も紹介

独特の低音ハスキーボイスを持つ伊藤沙莉さん。

その『声』について、世間ではどのような評価がなされているのでしょうか?

幼さを残した、少し丸みのあるかわいらしいお顔の伊藤沙莉さん、その童顔とハスキーボイスのギャップがたまらない!という声も多いようですね。

一方でこんな意見も。

伊藤沙莉さんのハスキーボイスが特徴的すぎて、逆に耳に残るのが苦手…という人もいるようです。

しかしそこが企業の狙いでもあり、伊藤沙莉さんの最大の武器なのです。

伊藤の低音ハスキーボイスはやはり耳に残り、インパクトを残す
結果、否応なしにそのCMを認識することにもなる
伊藤の声は目立つのだ。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c005f24ab8ad2e0a2f69821429c150551d174d4c?page=2

コンプレックスを強みに変えた伊藤沙莉さん。

この先どのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

伊藤沙莉が低い’あえぎ声’は特訓で習得?

2017年公開の映画『獣道』で、伊藤沙莉さんは主人公・愛衣を熱演。

<主人公・愛衣とは>

母親がハマった新興宗教の教団施設で7年間を過ごし、世間から隔離されていた主人公。

教団が警察に摘発され、保護されて家に戻るも居場所はなく、中学も中退して社会からドロップアウト。

その後は自分の居場所を求め、ヤンキーやサラリーマンなど数々の家を転々とし、最後は風俗の世界へと堕ちていきます。

伊藤沙莉さんは、主人公・愛衣が最終的にAV女優として活躍していくにあたり、あえぎ声の特訓を行ったそうです。

『獣道』(2017年)という作品で初めてベッドシーンをやらせてもらったときには、あえぎ声を出すためにボイストレーニングに通いました(笑)。

――先生の前でやるんですか?(笑)

仲良しの歌手の方がボイストレーナーもやっているので、「異例だと思うんだけど……」って頼みました(笑)。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/57210924f4098a48b795d50fcbca21f6d55086e7

実際に『獣道』を観た人の感想もご紹介します。

伊藤沙莉ちゃんの体を張った演技に魅了されました。
愛衣が幸せになることを願わずにはいられない。

この作品は伊藤沙莉じゃないとダメだと思った。

伊藤沙莉さんの演技に胸を打たれた人も多いようですね。

「綺麗に見えたい」とかはさらさら捨てている
たとえば変顔にしても全力でやります。
求められたことは全力で受けて応えたい
引用:https://www.oricon.co.jp/special/54295/2/

どんなときでも全力で仕事に向き合う、という伊藤沙莉さん。

『獣道』での体当たり演技も、あえぎ声もその決意の表れなのでしょう。

まとめ

伊藤沙莉さんの『声』についてご紹介しました。

いまや数多くのCMやメディアに出演し、活躍をみせる伊藤沙莉さん。

昔はコンプレックスだったハスキーボイスを武器に、これからのますますの活躍を期待しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。