芸能人

財前直見の旦那は敏腕プロデューサー本間欧彦!離婚理由は押尾学?元夫の現在や再婚も詳しく



シリアスな役からコミカルな役まで演じる女優の財前直見(ざいぜん なおみ)さん。

2003年に結婚した旦那本間欧彦さんとは、離婚してしまいました。

どうやら財前直見さんと夫の離婚理由には、元カレ押尾学さんが関係しているようです。

そこでここでは、財前直見さんの結婚にまつわる

  • 旦那はフジTV敏腕プロデューサー本間欧彦
  • 夫は離婚ありバツイチ
  • 夫婦の馴れ初めや出会い
  • 離婚理由に元カレ押尾学の呪い説も
  • 元旦那・本間欧彦の現在

について詳しく紹介します。

ぜひ、最後までお付き合いくださいね~♪





財前直見の旦那(夫)本間欧彦は敏腕プロデューサー

財前直見さんの旦那(夫)の名前は、本間欧彦(ほんま おうひこ)さんといいます。

こちらが財前直見さんの夫・本間欧彦さんの画像です。

引用元:Twitter

北海道札幌市出身の本間欧彦さん。父親は北海道増毛郡増毛町にある、造り酒屋『国稀酒造』創業家の出身とされています。

本間欧彦さんはの年齢は2024年現在65歳。妻の財前直見さんより8歳年上です。

財前直見さんと結婚した当時、旦那(夫)本間欧彦さんの職業はフジテレビの敏腕プロデューサーでした。

元々は俳優志望だったという本間欧彦さんですが、札幌南高校から慶應義塾大学文学部へ進学。大学卒業後の1980年にフジテレビへ入社します。

入社後は営業局→報道局を経て、1987年にドラマ制作センターへ配属されたそうです。

以降、敏腕プロデューサーとして「東京ラブストーリー」や「白線流し」など数多くのヒット作を手掛けています。

財前直見と旦那・本間欧彦の馴れ初めはドラマ!

財前直見さんと旦那(夫)本間欧彦さんの出会いは1997年。

本間欧彦さんがプロデュースを務めた、ドラマ『スチュワーデス刑事』の撮影で出会いました。

はじめはプロデューサーと女優という関係だったものの、2002年に二人が企画したホームパーティーがきっかけで交際がスタートしたそうです。

約1年間の交際を経て、2003年7月11日にめでたく結婚したおふたり。

この時、夫である本間欧彦さんは結婚歴のあるバツイチでした。

財前直見さんは初婚で本間欧彦さんは再婚ということですが、本間さんの前妻や子供についての情報・離婚理由は明かされていません。

結婚から3年後の2006年12月7日、夫婦の間には第1子となる長男『凛太郎さん』が誕生します。

長男を出産された当時、財前直見さんは40歳。

待望の一男にも恵まれ幸せいっぱいと思われていた夫婦。ところが2012年8月に離婚したそうです。

財前直見と旦那(夫)本間欧彦の離婚理由は3つ

約9年間の結婚生活にピリオドを打った財前直見さんと本間欧彦さん。お二人は”裁判”を経て離婚に至ったそうです。

数年前から離婚に向けて協議を重ね、最終的に裁判となり、このほど離婚の条件などで合意。8月に入って離婚届を提出したという。06年に誕生した長男(5)の親権や、慰謝料などについては明かしていない。

引用元:デイリー

ひょっとしたら、一人息子の親権を争っていたのかもしれませんね。

そんな財前直見さんと旦那・本間欧彦さんが離婚した理由は、一体なんだったのでしょうか?

どうやらお二人の離婚理由として、3つの噂が囁かれているようです。

財前直見と旦那の離婚理由①教育方針の違い

幸せそうにみえた夫婦には、2010年頃から不仲説が浮上。その後メディアによって「別居」が報じられました。

別居を始めた表向きな理由は、財前直見さんの1人息子を自然の中で育てたいという教育方針とされています。

母親の財前さんは、一人息子である凛太郎さんを連れて実家のある大分県へ移住。念願の田舎暮らしは2017年頃から始まったそうです。

  • 旦那・本間欧彦さんは東京
  • 妻の財前直見さんと息子は大分県

という別居生活の中、当初は東京と大分を行き来していた夫婦。しかし、夫の本間さんは2011年、系列局のある北海道への転属が決まります。

本間さんの異動により、家族の生活スタイルは大きく変動。

大分県と北海道という超遠距離別居が原因で、しだいに心にも距離ができた夫婦は、離婚を決めたそうです。

財前直見と旦那の離婚理由②政略結婚の噂も

結婚当初から、財前直見さんと旦那(夫)本間欧彦さんの間には「政略結婚」の噂が騒がれていました。

というのも、財前さんの所属先は大手芸能事務所「研音」で、本間さんはフジテレビの社員。

両社の関係をより強くするため、結婚に向けた働きかけがあったと報じられています。

政略結婚の噂も騒がれた夫婦は、やがて不仲によって別居。すでに夫婦関係は修復不可能だったそうです。

本間欧彦さんは別居中に北海道文化放送の『取締役編成局長』へ就任し、系列局のある北海道へ異動。

一見すると昇進とも見受けられる異動ですが、本間さんの異動はあくまでも表向きな理由と囁かれていました。

一部のメディアによると「本間さんは研音とフジテレビの関係悪化を防ぐため、北海道に左遷されたのではないか」と報じられています。

50代で突如、地方局に配属された本間欧彦さん。なんでも50代の敏腕プロデューサーが、地方に飛ばされるのは異例のことだったとか。

この噂が事実だとすると、本間欧彦さんは政略結婚の被害者のような印象…。

いずれにしても複雑な事情が絡んだ「政略結婚」では、夫婦関係は長続きしなかった気もしますね。

財前直見と旦那の離婚理由③元カレ押尾学の呪い説

財前直見さんの離婚と共に、世間をザワつかせたエピソードがありました。

それが押尾学の呪い説!

実は財前直見さんには、押尾学さんとの熱愛がスクープされた過去がありました。

どうやら押尾学さんは、財前直見さんの元カレだったようです。

お二人は同じ事務所の先輩と後輩という関係で、ドラマ共演がきっかけで熱愛に発展したと報じられています。

この当時、押尾学さんに夢中だったとされる財前直見さんは、元カレ押尾さんの影響を強く受け

  • クロムハーツを身に付ける
  • 大型二輪免許を取得する

など、周囲が驚くような行動に出てしまったとか!

こちらはYAMAHA V-MAXに乗る財前直見さん。

しかし二人の関係はそう長くは続かず、一瞬にして終わりを迎えたようです。

押尾学さんといえば、女優・矢田亜希子さんの元旦那です。

引用元:Twitter

結婚中に起こした「薬物事件」で逮捕され、懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けています。

この事件をきっかけに、矢田亜希子さんと押尾学さんは離婚。

決して矢田さんが悪いわけではないものの、元嫁という関係から矢田亜希子さんの黒歴史になりましたね。

ダークな印象が否めない押尾さんと付き合った女性は不幸になるというジンクスも流れており、財前直見さんが離婚したのは「元カレ押尾学の呪いではないか」という説も…。

ただ押尾学さんの『呪い説』は、何ら信憑性もない単なる噂。彼のイメージから呪い説が広まったようですね。

本間欧彦の現在は北海道文化放送・常務取締役!

ドラマ『白線流し』など、数々のヒット作を手掛けた財前直見さんの元旦那(夫)本間欧彦さん。フジテレビの敏腕プロデューサーとして名前を轟かせていました。

こちらは、ドラマ白線流しのクレジットです。

しかし、2011年6月には系列局である北海道文化放送へ異動。敏腕プロデューサーの突然の異動には、驚きの声もあがりました。

そんな本間欧彦さんの2024年現在を気にしている人も多いとか。

本間欧彦さんは現在、北海道文化放送(UHB)にて常務取締役に就いているそうです。

こちらは、最新(現在)の本間欧彦さんの画像です。

引用元:Twitter

スーツが似合うナイスミドル。プロデューサー時代とは印象が変わりましたね。

元敏腕プロデューサーの本間欧彦さんですが、現在は完全にプロデュース業から離れているそうです。

ドラマの視聴率低下が騒がれているフジテレビの現状に、本間さんのプロデューサー復帰を望むファンも多いといいます。

本間欧彦さんがドラマ現場に戻ることはないのでしょうか?

財前直見さんとの離婚で”バツ2”となった本間欧彦さん。そのご再々婚されたかどうかについては確認できません。

財前直見は現在独身!再婚や熱愛彼氏は?

2012年8月、旦那である本間欧彦さんと離婚した財前直見さん。離婚から10年以上が経ちましたが、現在もシングルを通しています。

とても綺麗な方ですので、再婚や彼氏の存在が気になりますね。

しかし2024年現在、財前直見さんにまつわる再婚や彼氏、熱愛の噂は確認できません。

財前直見さんは一人息子の凛太郎さんとともに、大分県にある実家で田舎暮らしを送っています。

そんな財前直見さんの一番の楽しみは、息子さんの成長と農作物を育てること。

今は再婚や熱愛より、息子さんと過ごす田舎暮らしに夢中になっているようです。

将来息子さんが結婚して独立したら、財前直見さんも自身の恋愛や再婚を考えるかもしれませんね。

財前直見の旦那は本間欧彦【まとめ】

女優・財前直見さんと、旦那で敏腕プロデューサー本間欧彦さんの離婚理由を紹介しました。

元旦那(夫)本間欧彦さんとは「子供を巡る教育方針」や「遠距離」が原因で、離婚に至ったとされています。

しかし一方では、事務所やテレビ局が絡んだ「大人の事情が関係している」といった噂もありました。

離婚理由に「押尾学さんの呪い説」が騒がれているのは、元カレ押尾さんのダークなイメージが原因でしたが、この噂は全くのデマ情報です。