芸能人

加藤茶と嫁綾菜の馴れ初めは常連客?45歳『年の差婚』理由と結婚の決め手は何?



加藤茶と嫁・綾菜さんが結婚したのは2011年です。

おふたりの年の差はなんと45歳(結婚当時は46歳)!

遺産目当てと勘ぐる人も多く話題になりました。

今回は、加藤茶と嫁・綾菜さんの

  • 出会いや馴れ初め
  • 結婚理由や結婚の決め手

について深堀りしていきます!





加藤茶と嫁・綾菜の馴れ初めは常連客

加藤茶と嫁・綾菜さんの出会いは2009年。

出会いは六本木にある割烹料理屋『龍馬』だったそうです。

(こちらのお店は現在もあるようです)

綾菜さんは当時、大学生。

六本木にある割烹料理屋『龍馬』でアルバイト店員をしていました。

そこへ加藤茶が常連客として通っていたそうです!

加藤茶は足繁くお店に通い、出会いから半年ほど経ったときに

コースターの裏に電話番号を書いて綾菜さんに渡したんだとか!

そこから連絡を取り合う仲になったそうです。

同店に半年ほど通った茶から「コースターの裏に電話番号を書いて渡された」のだが、初めて会ったときから好意をもっていた綾菜はそれに喜び、夜には電話をかけ2人の関係が発展していったと明かす。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20162195914/

綾菜さんは当時の出会いをこんなふうにコメントしています。

私はお茶出しや配膳をしていて、事務所が近い夫はよく食べに来てくれていました。少しずつ世間話するようになって、出会いから仲よくなるまでには半年ほどはかかりましたね。

引用:https://woman.mynavi.jp/article/181013-2/

お互い印象は『好意的』

出会った当時、加藤茶は67歳、綾菜さんは21歳でした。

加藤茶はいいとしても、この年の差での恋愛アプローチはちょっとビックリですよね。

綾菜さんは加藤茶を「恋愛対象」と考えていたのでしょうか?

実は、加藤茶と綾菜さんは出会ったときからお互い『好意的』だったそうです。

綾菜さんはインタビューで

『出会いの当初、恋愛感情はあったか?』という質問に『あった』と回答しています。

実はあったんです。あんまり信じてもらえないんですけど、本当に「ビビッ」ときたんです!!

あれは今でも不思議な感覚として残ってます。それまでは年上好きでもなく、お店の土地柄もあって芸能人の来店もよくあったので、もの珍しさもなくて。

同世代のイケメンたちを差し置いて、「加トちゃん」にときめいたことは、運命としか思えない。

今思えば、私みたいな店員にもていねいな受け答えをする、ふんわりと穏やかな雰囲気に惹かれたのかなぁ。

引用:https://woman.mynavi.jp/article/181013-2/

初デートから同棲まで

コースターの裏に電話番号を渡した後。

加藤茶が初デート(お食事)に綾菜さんを誘いました。

綾菜さんも加藤茶からのお誘いは『嬉しかった』と話しています。

他愛もない会話の流れでごはんに誘っていただいて。そのときにはすでに恋していたので、本当にうれしかった!! 初めてのデートでしっかり話してみると、案の定大好きになって

インタビューで綾菜さんは、加藤茶のことを

  • いいお店だけでなく、私目線でチャレンジしてくれる
  • 見た目も比較的若いし、感性がフラット
  • 私以上に新しいことへの意欲がある
  • 知らないことがあれば同じ感覚で楽しんでくれる

とベタ褒めしています。

おもしろいのが、加トちゃんのファミレスのドリンクバーデビューも、回転寿司デビューも私が立ち会ったこと(笑)。

なんてエピソードも。

同棲を始めたのは『出会って半年のクリスマスの日から』だそうです。

出会って半年のクリスマスの日から同棲をはじめ、徐々にお互いの愛情が深まった。

おふたりは割烹料理屋『龍馬』で出会い、その半年後にコースターを渡して交際スタートなので…

コースターを渡されて間もなく同棲スタート

という感じでしょうか。

そう考えると、初デートから同棲までは、結構スピーディーな展開ですね…!

加藤茶と嫁・綾菜の結婚理由

加藤茶は綾菜さんに当初、

結婚願望がない

と伝えていたそうです。

彼に結婚願望がないことは、最初から告げられていました。

引用:https://woman.mynavi.jp/article/181013-2/

そんな関係から一転し、結婚へ至った理由は何だったのでしょうか。

結婚の決め手は東日本大震災

加藤茶と綾菜さんが結婚するきっかけになったのは

2011年3月11日におこった東日本大震災だったそうです。

当時、東京はひどく揺れて、交通網が機能不全に陥りました。

帰宅困難者が続出し、街中が人で溢れかえりトンデモナイ事態に。

地震があった当時、綾菜さんはお店で働いていました。

加藤茶と連絡もつかず、途方に暮れていたところ

夜になって10時間くらいかけて加藤茶がお店に迎えにきてくれたんだとか。

そしてふたりで10時間かけて家に帰ったそうです。

このとき、互いへの絆が深まった、と明かしています。

その後2人で10時間かけて帰宅できました。この出来事があり、「なにかあったときも一緒にいられるように結婚しよう」という気持ちがお互い高まり、結婚を決意しました。

東日本大震災をきっかけに結婚する人が増えたことでニュースにもなりましたね。

東日本大震災をきっかけにした、いわゆる「絆婚」だったんですね!

おふたりは2009年の出会いから2年後の2011年に結婚。

結婚当時、年の差はなんと46歳!

加藤茶は69歳、綾菜さんは23歳でした。

年の差婚『遺産目当て』の噂も浮上

2011年に加藤茶と綾菜さんは結婚しました。

しかし、当時は年の差婚というだけで「遺産目当て」という疑惑の目が向けられました。

さらに、その疑惑に拍車をかけたのが、綾菜さんの経歴。

実は綾菜さんは、元キャバ嬢で大学時代に「夜のお仕事で働いていた」経歴もあったのです。

キャバクラのお店を転々としながら、ギャル雑誌のモデルとしても活動。

そんな経歴から「お金目当て」「遺産目当て」という噂が飛び交ってしまったようです。

ですが、綾菜さんは故郷の広島から東京へ上京しており

親を頼らず生活のために複数のアルバイトを掛け持ちしていたという話も。

世間からのバッシングで当時は食事も喉を通らならずガリガリに痩せてしまったそう。

しかし、そんな綾菜さんを励ましたのが加藤茶の友人の久本雅美さん。

何度も家に励ましに来てくださったんです。一番悩んでいたときにいただいた言葉は、「まわりがどう思うかじゃなくて、自分がどう生きていきたいか。忘れちゃいけない」。

そんな言葉に励まされ、徐々に食事ができるようになったんだとか。

そして今では加藤茶を支えるために「介護の資格」を取得。

加藤茶を多方面から支える良き伴侶となっています。