トレンド

みやぞんアメトークで衝撃発言!天才能力は発達障害が理由だった?

2018年ブレイク芸人と評された芸人・みやぞん。みやぞんが発達障害なのではないかと言われています。きっかけは「アメトーク」での発言。

今回は、みやぞんのアメトークでの内容や、みやぞんの天才肌が発達障害によるものなのかどうかを調査しました。

みやぞんアメトークでの衝撃発言とは?

人気バラエティ番組『アメトーク』にANZEN漫才のあらぽんさんと一緒に出演した際に語ったエピソードが話題のようです。どんな内容だったのでしょうか?

実は、みやぞんさんは音に対して超敏感体質だったそうです。

いる大声に耐えられなくなったみやぞんさん。

なんと1人、耳を塞いでしまったのだとか。

この耳を塞いでしまう行動は発達障害を持つ子供によくみられる行動であったため、みやぞんの発言が、「みやぞんは発達障害なのではないか」の噂の引き金になりました。

みやぞんは発達障害なのか?

発達障害とはどんなものなのか見てみましょう。

色んな種類がありますが、特徴や症状は次のようなものになります。

  • 言葉が遅い
  • 視線が合いにくい
  • 友達とのやりとりが苦手
  • 集団参加が難しい
  • 感覚面が敏感または鈍感
  • 落ち着きがない
  • 人の気持ちや意図、その場の状況理解が難しい
  • 特定の物事にこだわる
  • 一方的にしゃべる
  • 突然の予定変更や環境の変化が苦手
  • コミュニケーションがとれない
  • 仕事が遅い
  • 大事なことをしょっちゅう忘れる 

すべてではないですが、みやぞんの仕草や表情に当てはまる部分はあるかもしれませんね。

大きな音が苦手なのは聴覚過敏症?

大きな音が苦手という症状は「聴覚過敏症」というものに当てはまるのではないかとネットでは噂されました。「聴覚過敏症」は「パニック障害」(発達障害の症状のひとつ)と言われています。

みやぞんは耳コピ即興演奏ができる絶対音感の持ち主で、よくテレビネタでも凄いと言われていますね。

 

一般に、「絶対音感」と「聴覚過敏」はセットで語られる場面は少くありません。

絶対音感とは、音を絶対的に(つまり正確に)細かく聞き分け認識する能力です。要は、「耳が良すぎる」のですね。そのため、音に対して過敏になることが多く、

悪く言えば、雑音、騒音に敏感すぎて、生活するのが少し困難になるのです。

  • 生活音(洗濯機、食器洗い、掃除機、水の流れる音などが聞こえすぎてテレビが頭に入らない)
  • ゲームセンターの騒音
  • モスキート音
  • 子供のキャーキャー言う声
  • 食器同士が当たる音
  • 金属と金属が触れ合う音(パスタでフォークとスプーン使う人とか)
  • バイクのエンジン音
  • ドアの開閉のギーッて音

など、一般の人では、やや不快に感じる程度の音でも、本人には耐えられなくなり、しばらくその場にいると耳を塞ぎたくなるほどになります。ここまでくると「聴覚過敏」と診断されることもあるようです。

耳コピできる絶対音感を持つみやぞん。音に敏感なみやぞんは「聴覚過敏症」である可能性は大いにあるでしょう。

卓越した能力はサヴァン症候群?

実は、みやぞんは「サヴァン症候群」ではないかとも考えられています。

サヴァン症候群とは

発達障害・知的障害を持つ一部の人にあらわれる症状で、特定の分野に限り並外れた能力を発揮する症状のこと。

みやぞんの運動神経はすさまじく

  • テニスを始めた当日に経験豊富な相手を打ち負かした。
  • 中学時代のテニス部の練習場に入ってきた野球ボールをみやぞんが速いスピードで投げ返し、高校の野球部の監督にスカウトされた。

など幼少期から驚きのエピソードを多数持っています。本人の努力でどうこうというより、もともと持っていた能力が半端ないという印象です。

サヴァン症候群の可能性は大いにあると思います。

みやぞんの天才肌は親譲り

みやぞんの天才肌は発達障害の可能性が大いにあるとは思いますが、みやぞんは家庭環境が複雑で両親の影響も大きいのではないでしょうか。詳しい記事はこちらにまとめました。

まとめ

みやぞんのアメトークでの内容や、みやぞんの天才肌が発達障害によるものなのかどうかを調査しました。

2018年ブレイク芸人と評された芸人・みやぞん。障害という響きは、なじまない気がします。みやぞんの天才肌は、すでに個性として定着していますよね。

障害なんて言葉は気にせず、このまま邁進して欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。