転職・起業・仕事

海外で起業するなら世界最先端の電子国家「エストニア」へ。安倍首相も電子居住者に。

皆さんは、エストニアという国をご存知ですか?

海外で起業する人たちのあいだで、今、エストニアが注目されているようです。

エストニアはどんな国なのでしょうか?

今回は、エストニアについて書いてみようと思います。

世界最先端の電子国家エストニア。

エストニアはバルト海とフィンランド湾に隣接する北欧の国です。1,500以上の島々からなり、岩場の多いビーチ、原生林、多くの湖などがあります。

旧ソビエト連邦から独立した1991年には既にインターネットが存在し、世界最先端の電子国家と言われます。

ブロックチェーンなどの技術を駆使し、全行政サービスの99%が電子化しており、手続きはオンラインで完結します。

窓口対応が必要となるのは、「結婚・離婚・不動産取引」と、「パソコンを持たない低所得者への手続」のみとなっています。

エストニアは、あの「Skype」を生み出したことでも有名です。

国全体がテクノロジーに対して寛容かつ合理的で、起業家精神が欧州一旺盛な国である、と称されています。

安倍首相もエストニアの電子居住者に。

電子国家エストニアの先進的な取り組みのひとつに、外国人の起業家を電子居住者として誘致する「e-レジデント」という制度があります。

2014年に開始され、エストニアを一度も訪れることなく起業に必要な手続きをすべて行えるという電子国家ならではの特徴があります。

2015年には、日本を訪問中のエストニア経済通信省事務次長ターヴィ・コトカ氏が、安倍首相に電子居住カードを発行したそうです。

これにより、安倍首相はエストニアの電子居住者となり、話題を集めました。

エストニアで活躍するのも選択肢のひとつ。

場所を問わず働きたい人たちにとって、この「e-レジデント」制度は徐々に認知度が上がってきています。

過去には世界経済フォーラムに「最も起業家精神が旺盛な国」として選出され、コワーキングスペースでのイベントも頻繁にあり、SNSを通じた交流も活発で、若者であっても海外の起業家とコラボレーションできる機会に恵まれやすい環境なのだとか。

ただ、実際に現地へ移住するとなると、賃金に注意が必要です。起業家としていくのか、専門職としていくのか、現地就職するのか、で金銭面に差が生まれるのだそうです。

現地就職の場合は、経験あるエンジニアであれば日本の水準に近い給与も期待でき、必要な就労ビザがおりやすいそうで、多国籍なエンジニアが活躍しています。

まとめ

いかがでしたか?最先端の電子国家エストニアは、「e-レジデント」制度を皮切りに外国人居住者が増えているようです。

エストニアに実際に移住した日本人もいます。インターネット上で様々に情報発信しているので、興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。(↓↓)

世界最先端の電子国家「エストニア」に移住して、がらっと変わった仕事観

最後までお読みいただき、ありがとうございました。