芸能人

画像|赤楚衛二の父親は名古屋学院大学学長で弟もイケメン?母やいとこの職業もスゴイ!



いま最も勢いのある俳優・赤楚衛二さん。愛らしい笑顔で世の女性をキュンキュンさせているとか。

そんな赤楚さんの「家族がスゴイ」「ハイスペック」と話題になっているようです。

気になりますよね。

そこでここでは、赤楚衛二さんの

  • 父親は名古屋学院大学の学長?
  • 父や弟もイケメン?
  • 母やいとこの職業もスゴイ!

を紹介します。

ぜひ、最後までお付き合いくださいね~♪





赤楚衛二の父親は名古屋学院大学の学長!

赤楚衛二さんの父親は、赤楚治之(あかそ なおゆき)さんといいます。

2021年現在61歳のお父さまは、なんと名古屋学院大学の学長!

こちらが父親の画像↓

上品な風格!お父さまもイケメンですよね。

息子の赤楚衛二さんと並べてみると

目元や口元がそっくりですよね。

父親は超ハイスペック!

1959年大阪府守口市で生まれた赤楚治之さんは、同志社大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程前期を修了。

言語学者として1989年に名古屋学院大学の講師に就任しており、その後は

  • 外国語学部教授
  • 外国語学部長
  • 大学院外国語学研究科長
  • 学生部長

を歴任。そして2020年4月から同大学の学長に就任しました

名古屋学院大学一筋で「言語学のエキスパート」と言われる赤楚学長の任期は、2023年3月までとなっています。

ハイスペックなお父さまも、若い頃はイケメンだったことがうかがますよね。

赤楚衛二は名古屋学院大学を中退?

赤楚衛二さんは10代の頃から学業と並行して、地元名古屋のモデル事務所に所属。当時は赤楚衛(あかそ まもる)名義でタレント活動していました。

しかしお父さまは、自分と同じ道に進んで欲しいと思っていたとか。

そんな父親の影響もあって、進学先に選んだ大学は

名古屋学院大学『外国語学部・英米語学科』

でした。

ところが、順風に大学生活を送っていた赤楚衛二さんに転機が訪れます。

大学2年生の時にサマンサタバサのオーディションでグランプリを獲得。大学を中退して、活動の拠点を東京へ移しました。

気になる父親の反応ですが「やりたいことを見つけたならいい」と後押ししてくれたそう。

とても理解がありますよね。

父親の理解を得て、本格的な芸能活動をスタートさせた赤楚衛二さんは大ブレイク。

イケメン俳優として人気を集めているのですが、どうやら弟もイケメンと噂されているようです。

画像|赤楚衛二の弟もイケメン?

赤楚衛二さんは自身のSNSで弟さんの話題にも触れており、兄弟の幼少期の画像もアップしています。

実際にTwitterに投稿した兄弟画像↓

引用元:Twitter
引用元:Twitter

それにしても、兄弟そろって可愛い~♪

残念ながら最近の画像は見つかっていませんが、兄に引けを取らないイケメンに成長しているのでしょうね。

弟さんの名前は赤楚周平さんと言われており、どうやら兄・赤楚衛二さんのTwitterから名前や職業が特定されてしまったようなのです。

赤楚衛二の弟はCGクリエイター?

赤楚衛二さんは2017年、Twitterに以下のコメントを投稿。

久々に弟と長電話しました。元気にしてるらしいので安心。

大学生の自主制作映画『ウルトラユウスケ』でアグレッサー星人役をやったらしい

と弟が映画を作ったことを明かしました。

映画「ウルトラユウスケ」は、2017年に大阪芸術大学が制作しており、第9回全国自主怪獣映画選手権(京都大会NIGHT)で優勝した作品です。

この映画のクレジットを確認したところ、アグレッサー星人役には「赤楚周平」というお名前が掲載されています。

赤楚衛二さんのツイとのリンクしていることから、赤楚周平さが弟とみて間違いないでしょう。

また赤楚周平さんのお名前は、助監督や殺陣にも掲載。

アグレッサー星人役だけでなく、制作サイドでも活躍されてたようです。

才能が溢れていますね。

そんな弟の赤楚周平さんは、2018年にNHKで放送された『ピアノの森』でCG制作を担当したとの噂。

https://twitter.com/Ed_NicoCBR/status/985549277731553280?s=20

2021年現在は、CGクリエイターとして活躍されているようです。

赤楚衛二の母といとこの職業がスゴイ!

父親が言語学者で弟は大阪芸術大学卒というハイスペックな家族構成の赤楚衛二さん。

実は、母親といとこの職業もスゴイとの噂。

そこで、母親やいとこについても詳しく探ってみました。

母の職業はピアノ講師!

赤楚衛二さんのお母さまは、赤楚早苗さんといいます。

なんと母親の職業はピアノ講師で、過去には地元名古屋のテレビ番組に出演していたのです!

その時の画像↓

可愛らしいお母さまですよね。

幼い頃からピアノが身近にある環境で育った赤楚衛二さんの特技はピアノ。3歳から中学生までピアノを習っていたといいます。

「長くてキレイな指」と言われる背景には、ピアノが関係しているのかもしれませんね。

特技にピアノをあげている赤楚さん。ファンから

  • いつかピアノ弾く役、見たいな
  • 赤楚くんピアノが特技なんだ!聴きたいな〜

との声がTwitterに寄せられています。

ドラマや映画の役柄で、実際にピアノを弾くシーンが登場するといいですね♪

いとこはシンガーソングライター!

赤楚衛二さんのいとこの名前は、中村瑛彦(なかむら あきひこ)さんです。

2021年現在28歳の中村瑛彦さんは

  • 5歳からピアノを始める
  • 12歳からギターを始める
  • 14歳から作曲に挑戦
  • 16歳で「閃光ライオット2008」に出場

という経歴で、天才シンガーソングライターとしてメディアに紹介されました。

 

しかし2012年5月、シンガーソングライターとしての活動を休止。

現在は作曲家として

  • King&Prince
  • AKB48
  • Hey!Say!JUMP

などに楽曲を提供しているそうです。

音楽の才能は赤楚衛二さんの母(ピアノ講師)譲りと思いきや、どうやら中村瑛彦さんは赤楚学長の血筋にあたる甥という情報。

いずれにしても赤楚衛二さんの家系は、才能に溢れていますよね。

赤楚衛二のプロフィール&経歴

  • 名前:赤楚衛二(あかそ えいじ)
  • 生年月日:1994年3月1日
  • 年齢:26歳(2021年1月時点)
  • 身長:178㎝
  • 血液型:B型
  • 趣味&特技:ピアノ・英会話・剣道
  • 事務所:トライストーン・エンタテイメント

赤楚衛二さんは10代の頃、名古屋のモデル事務所に所属し、赤楚衛(あかそ まもる)の名義でモデル・タレント活動を始めました。

2010年には、名古屋の男性グループ『BOYS AND MEN』に加入。

地元名古屋を中心に、舞台公演やバラエティ番組に出演していたそうです。

そんな赤楚さんに転機が訪れたのは2013年のこと。

サマンサタバサの『メンズモデルオーディション』にて、グランプリを受賞したことがきっかけで東京へ進出します。

東京の事務所に移籍し、2015年頃から現在の芸名『赤楚衛二』で俳優活動をスタート。

そして、2017年には

  • 仮面ライダーアマゾンズ
  • 仮面ライダークローズ

とイケメン俳優の登竜門とも言われる仮面ライダーシリーズ2作に出演。

子供だけでなくママたちのハートもキャッチしました。

2020年にはドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』にて初主演。

2021年7月から放送されたドラマ『彼女はキレイだった』で演じた樋口拓也役で大ブレイクしました。

愛らしい笑顔が魅力的な赤楚衛二さん。現在はドラマや映画、バラエティ番組に引っ張りだこです。

まとめ

イケメン俳優・赤楚衛二さんの家族について紹介しました。

  • 父親は名古屋学院大学の学長
  • 母親はピアノ講師
  • 弟はCGクリエイター
  • いとこはシンガーソングライター

とハイスペックな家族を持っている赤楚衛二さん。

両親の影響で英会話やピアノが特技ということですので、いずれ作品の中で特技を披露して欲しいですよね。

今後の活躍に期待しています~