トレンド

イモトアヤコの歯の治療方法は?ガタガタの歯並びを矯正した壮絶な歴史!

「世界の果てまでイッテQ」でお馴染みのイモトアヤコさん。

現在では治療済みとなっていますが、以前は自身の歯について番組で自虐ネタを披露するほど、歯並びが悪かったのをご存知ですか?

歯並びの悪さをどのように克服したのでしょう。

今回は、イモトアヤコさんの、ガタガタ歯並びを矯正した壮絶な歴史と、イモトアヤコさんが採用した歯の治療方法についてご紹介します。

イモトアヤコ もともと歯並びは悪かった!

この写真は、イモトアヤコさんが女子大生だったころ、イッテQのオーディションを受けたときの写真です。

このとき既に歯並びは悪く、前歯はガタガタ。しかも虫歯だらけだったそうです。

イモトアヤコ ガタガタ歯並びを矯正した壮絶な過去

オーディション合格後のイモトアヤコさんの歯の歴史は壮絶です。ではご紹介しましょう。

・22歳のとき前歯が折れる

番組で青いバナナをかじったときのこと、虫歯のため抜髄して脆くなっていた右上2番の歯冠が折れてしまいました。

・24歳の番組では前歯が差し歯に

番組で右上2番の歯根の穴に差し歯を挿していました。実生活で支障があったのでしょうね。少しだけ歯並びは改善されます。

・27歳のときマスナル登頂撮影では緊急荒治療を断行!

さらに標高8163メートルのマナスル登頂では、通常よりも気圧の変化が激しいところでロケをしていたために、登頂の最中で、我慢できない痛みに襲われ、ヘリで救急輸送。詰め物の下にたまった膿が気圧の低下で膨張し神経を圧迫したことによる痛みだったそう。詰め物と差し歯が邪魔で、膿の摘出が出来なかったので、ネパールの歯科で差し歯ごと抜歯するという荒治療を断行しました!治療後、歯が抜けた状態で再び登頂にチャレンジしマナスル登頂を果たしました。

・28歳のときロケ中に「3連ブリッジ差し歯」を落とし緊急お取り寄せ

イッテQのロケ中に肉にかぶりついていた時に、歯がとれてしまいました。取れた歯は「3連ブリッジの差し歯」。瞬間接着剤でくっつけたのですが、その後、沼に飛び込むシーンで再び歯を沼に落としてしてまい、日本から新しいものを取り寄せたそう。

イモトアヤコ 現在の歯並びの決めてとなった治療方法は?

イモトアヤコさんが当初採用していたのはブリッジ治療

ブリッジ治療とは歯を喪失した箇所の両側の歯を削って支柱とし、そこに一体型の人工の歯を被せることによって欠損部を補う治療法です。

固定されるため入れ歯のようにガタつくことはなく、手術も不要なので手軽にできます。歯が1、2本抜けた際には有効な治療の選択肢の一つ。

しかし、支柱となる健康な歯を削らなくてはならないですし、過重な負担を強いることになるので元々健康だった歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。

また、ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスが詰まると、虫歯や歯周病の原因となってしまうことがあります。

ブリッジ治療は、そもそも残っている歯がもろくなっているイモトアヤコさんには不向きだったのかもしれませんね~。

現在の歯並びの決め手となった治療方法はインプラント

インプラントとは、歯が失われた場所に、インプラントという人工的な歯の根っこ(人工歯根)を埋め、その上に人工の歯冠を作る治療法です。

インプラント治療の場合は周囲の健康な歯を削る必要がありません。また、欠損した歯の根も補われるので均等に力がかかり、残った歯への影響はほとんどありません。

現在のイモトアヤコさんの歯は、このインプラントによって綺麗になりました。

まとめ

イモトアヤコさんの壮絶な歯の歴史と、今の綺麗な歯並びに至った歯の治療方法についてご紹介しました。

イモトアヤコさんは最近ではドラマでも活躍が目立っています。

すっかり歯並びがキレイになり、お笑い芸人として歯のネタが見られなくなると思うと寂しい気もしますが、ドラマに出るなら歯並びは大事。

これからも末永く活躍してほしいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。