矢沢永吉

全国矢沢連盟の総会長が矢沢永吉に嘆願書を送った理由は?迷惑ファンは本当?

今回は、全国矢沢連盟の総会長が矢沢永吉さんに嘆願書を送っていた話を取り上げます。

矢沢永吉さんの熱狂的ファンが全国各地に私設応援団を作っているようですが、その一つに全国矢沢連盟という組織があるようです。

2019年1月25日発行の雑誌「昭和の不思議101」に、全国矢沢連盟の総会長・笠井孝二さんへのインタビューが掲載されていました。

書籍『昭和の不思議101』

書籍『昭和の不思議101』

(内容紹介)

全国矢沢連盟と友好団体が集結 永ちゃんと共に長い旅
笠井孝二 絆と信念

今回は、この雑誌で取り上げられている内容について、一部ご紹介したいと思います。

全国矢沢連盟の総会長

同雑誌で、全国矢沢連盟の総会長として紹介されているのは、笠井孝二さんです。

笠井さんは、80年代は改造した単車で会場に駆けつけたり、かなりなヤンチャ振りを発揮していたそうです。

総会長は迷惑ファン?

総会長の笠井さんのヤンチャ振りとはどのようなものだったのか、、同雑誌を見てみると、ご本人の口から次のような行為が語られていました。

  • 特攻服を作って行った
  • 族車やバイクを引き連れて行った
  • 太鼓と爆竹を鳴らした
  • バイクを走らせ《永ちゃんコール》をした

さらに、ヤンチャぶりが行き過ぎて、噴水壊してしまったり、警察に囲まれて仲間が捕まったりもあったそうです。

これは、、確かに一般の人が怖がってしまいますね。一般の方から迷惑ファンと映ってしまうのは仕方のないこと。

ただ、総会長の笠井さんは

「最初から俺の言ってきたのは、”矢沢永吉を支援することと、どの会場にっても永ちゃんコールはすること。ただ、マナーを守ってきっちりやんなかったら、ただのどんちゃん騒ぎと一緒や”と」(引用元:雑誌「昭和の不思議101」)

とも語っており、マナーに配慮を寄せる気持ちもあったようです。実際、「見た目は怖いけど礼儀正しかった」なんて声もあります。

凄い!以前、某フェスで永ちゃんライブを見た事が。ファンのおじさんたちは見た目はかなり怖いけど、凄く礼儀正しかったですw(引用元:Twitter

同雑誌では、現在《永ちゃんコール》を全国のライブ会場の外で続けているのは、全国矢沢連盟率いる各支援団体だけだと紹介されていました。

総会長が矢沢永吉に嘆願書を送った理由

迷惑行為の禁止

ただ、矢沢永吉さんの側は公式ページでもあるように

  • 周囲の人に威圧感を与えるような私設応援団の活動
  • 旗振り、特攻服などの威圧行為
  • 周囲に迷惑となる永ちゃんコールの強要・煽り

などは認めていません。

矢沢永吉さんが迷惑ファンに対してコメントしている動画を見つけました。

総会長が送った嘆願書とは

最初は、矢沢永吉さんはコンサートでの飲酒を禁止することからマナーの強化を図ったようです。

これに対し、笠井さんは「永ちゃんコールをやりたい」という強い思いから嘆願書を送りました。

永ちゃんがコンサートでの飲酒を禁止とした時、”ああいう団体はNGや”と言うた時に、俺はそれでもやると嘆願書を作って弁護士を通して永ちゃんサイドに送ったんです。

“1年に1回、大阪城ホールにしか来られないメンバーは、ないお金を握りしめてここでパワーをもらえると思って来ている”と。

“永ちゃん自身にも気持ちよく大坂で歌ってもらえるように、他の客のテンションを上げるためにも俺らはコールをやっている”と。そんなことを書いて送って。

“あかんと言われても俺らはそれをやり続ける。なぜなら俺らはただのお祭り騒ぎでやっていないから。だから、お酒も完全に辞めます”ということを全部伝えたんです。

(引用元:雑誌「昭和の不思議101」)

全国矢沢連盟の永ちゃんコールの動画はこちらです。

しかしその頃から、《永ちゃんコール》をするとSPが飛んでくるようになったとか。

追記

実は、同雑誌では、笠井さんがSPと交わした人情味あふれるエピソードも紹介されています。詳しい記事はこちらに書きました。(追記日:2019年2月2日↓)

永ちゃんコールがないと寂しい!全国矢沢連盟の総会長がSPと交わしたエピソードとは?

永ちゃんコールができることの意義

同雑誌で、笠井さんは次のように語っています。

毎年終わりに今年も《永ちゃんコール》ができる、《魂の集まり》ができるってことで、ありがとうございましたと駆け寄ってきて握手する。みんあ、集まっている意義を求めて来ているんだよね。

全国に色んな仲間ができる、ネットじゃない《心の繋がり》ができる。

矢沢永吉を好きだという有名人も含めて、ヤザワを通じてのネットワークが増えたのが財産ですね。

(引用元:雑誌「昭和の不思議101」)

仲間と毎年顔を会わせること、仲間との絆に強い思いがあったのですね。

永ちゃんコールは周囲に迷惑とならないように

永ちゃんコールをやることに仲間との絆を感じていたというお話。

こいうことを知った上で見ていると、永ちゃんコールをするファンの方々が、、何となく愛嬌のある面白いファンに見えてきますね。

今回、私設応援団の出禁の話が出ていますが、矢沢さんは

  • 周囲に迷惑となる永ちゃんコールの強要・煽り

を認めていないだけですので、永ちゃんコール自体を禁止している訳ではないと思います。

ですので、仲間との絆である永ちゃんコール、、周囲に迷惑とならない形で今後も続いていくといいですね。

まとめ

2019年1月25日発売の雑誌「昭和の不思議101」に、全国矢沢連盟の総会長・笠井孝二さんへのインタビューが掲載されていましたので、その内容の一部をご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。