芸能人4

中村玉緒【子供2人】息子鴈龍は逮捕&孤独死!娘は絶縁で現在車いす?病名や親子仲も詳しく



豪快な笑いと親しみやすい人柄で、バラエティ番組に引っ張りだこだった女優の中村玉緒さん。

2024年現在は、都内の介護施設で暮らしていることが明らかとなりました。

そんな中村玉緒さんには、2人のお子さんがいらっしゃいますが、子供の逮捕で世間を賑わせたようです。

今日ここでは、中村玉緒さんの子供2人にまつわる

  • 息子・鴈龍太郎は逮捕歴アリ
  • 孤独死した長男の死因は
  • 娘・奥村真粧美とは絶縁
  • 現在長女は車いす
  • 今の親子仲

について詳しく紹介します。

ぜひ、最後までお付き合いくださいね。





中村玉緒の子供は2人!息子1人と娘1人の現在を詳しく

中村玉緒さんさんにはお子さんが2人います。

  • 1962年長女:奥村真粧美
  • 1964年長男:奥村雄大

一男一女2人の子供に恵まれた中村玉緒夫婦。ちなみに奥村という苗字は、旦那である勝新太郎さんの本名です。

中村玉緒さんは子供の教育にはとても厳しく、息子さんが靴紐を結ばないことで往復ビンタをしたこともあったとか。

その一方では、子供たちを溺愛していました。

そんな2人のお子さんは『数々のトラブルを起こしている』との噂。子供2人の現在について、詳しく見ていきましょう。

中村玉緒の長男と長女には逮捕歴がある

中村玉緒さんの息子奥村雄大さんは、1989年『鴈龍太郎』名義で俳優デビュー。

後に芸名を鴈龍(がんりゅう)へ変えました。

こちらが息子・鴈龍さんの若い頃の画像です。

1989年に父親がメガホンをとった映画『座頭市』でデビューした長男ですが、実はデビュー前の1982年、実姉・奥村真粧美さんとともに大麻密売で逮捕。

中村玉緒さんの子供2人には逮捕歴があるということです。

さらに、2年後の1984年『大麻取締法違反』で再び逮捕された長男の鴈龍さん。

これだけの騒ぎを起こしていたら、芸能界デビューは厳しそうですよね。

しかし、当時は今ほどネットも普及しておらず、長男の逮捕を知らない人も多かったといいます。

息子鴈龍の真剣死亡事故とは?

1989年に映画『座頭市』で俳優デビューした中村玉緒さんの息子・鴈龍さん。父と息子の親子共演は、撮影前から大きな話題になっていたようです。

ところが、そんな映画で事件が起こります。

なんと殺陣で”真剣”を使用し、息子の鴈龍さんが斬られ役の俳優を死亡させてしまったのです!

父親の作品でデビューした鴈龍さん。模造刀が真剣に入れ替わっていたことを知らず、殺陣シーンで相手を死亡させる事態に…。

幸いスタッフのミスによる事故と判明しましたが、鴈龍さんは5年間という長い謹慎処分を受けました。

その後、復帰を果たしたものの、仕事には恵まれなかったとか。

母親の中村玉緒さんがプロデューサーに頼み込み、舞台の仕事などをもらっていたそうです。

ただ、鴈龍さんはとてもプライドが高い性格で、キャスティングに使いづらいとの評判も。

さらには中村さんからの経済的な援助を受けていたため、働かなくなったとされています。

80歳になった母親の中村玉緒さんは息子の更生を願って、経済支援をストップさせたようです。

息子(長男)鴈龍は孤独死!死因も詳しく

2017年頃まで舞台の仕事をされていた中村玉緒さんの息子・鴈龍さん。

しかし、それ以降は目立った活動もなく、芸能界から遠ざかっていたようです。

そんな息子の名前が久しぶりにメディアで報じられたのは、2019年12月のこと。

長男の奥村雄大さんこと鴈龍さんは、名古屋市内の自宅で孤独死しているところを知人によって発見されます。

玉緒の所属事務所などによると、鴈龍さんは同市で働いており、連絡の取れない知人が不審に思って訪ねたところ、亡くなっていたという。一人暮らしだったこともあり、発見されるまで数日間がたっていた。

55歳でなくなった鴈龍さん。突然死の死因は『急性心不全』でした。

デビュー当時の鴈龍さんはとてもスリムな体型。しかし、かなりの酒豪で30代の頃には体重が100キロを超えていたとか。

別人のように変わってしまいましたね。不摂生な生活が影響したのかもしれません。

近親者だけで行なわれた葬儀と納骨。息子に先立たれた母親の中村さんはとても憔悴していたそうです。

かつて中村玉緒さんは、子供についてメディアのインタビューで次のように語っていました。

私はちょっと贅沢をさせて、子供たちの育て方を間違えたかもしれません。でも、私にとっては、大事な子供たちです。

娘は一度結婚してすぐ離婚しましたし、息子もまだ独身ですが、早くいい嫁さんに来てもらって、孫の顔が見たいですね。

子供の幸せと孫の誕生を願っていたようですね。

夫と息子を亡くした中村玉緒さんですが、たった一人の肉親である娘との間にも亀裂が生じたと報じられています。

中村玉緒の娘は現在車いす?長女の病名も詳しく

中村玉緒さんの長女(娘)の名前は、奥村真粧美さんです。

実は娘さんも、かつて女優として芸能界デビューしています。

両親である中村玉緒さん勝新太郎さんと一緒に、ドラマ『警視-K』にも出演していました。

その後は一般男性との結婚をきっかけに、芸能界を引退した娘の奥村真粧美さん。しかし、結婚生活は1年で破綻。離婚して実家に戻ったそうです。

以降は母親・玉緒さんのマネージャーや個人事務所の社長を務めています。

勝新太郎さんの死後、二人三脚で歩んできた母と娘。

ところが、2020年の秋ごろから長女は体調を崩し、車いす生活を送るようになったと報じられました。

そんな娘の介護を、80代の母親中村玉緒さんがされていたとか。

車いす生活となった長女の奥村真粧美さんですが、詳しい病名については明らかになっていません。

メディアの記事によると、立って歩こうとすると足を引きずる状態とのことでしたが、2024年現在は回復に向かっているようです。

長女の再婚相手は中村玉緒の元運転手

中村玉緒さんの娘・奥村真粧美さんは、2022年頃に再婚しました。

なんと長女の再婚相手は、中村玉緒さんの元運転手。

彼は、玉緒さんの元運転手です。もともとは、玉緒さんの麻雀仲間で、麻雀で生計を立てていたこともあるとか。その縁で、玉緒さんの身の回りの世話をするようになっていきました。

引用元:女性自身

中村玉緒さんの娘と元運転手の男性は、同年代ということもあり、自然な流れで仲を深めていったといいます。

しかし、この再婚によって、徐々に母娘の関係も変化していったとか。

娘さんとの交際が始まると、元運転手の男性は彼女に絶対服従の状態。雇い主の中村玉緒さんよりも、長女を優先するようになっていったそうです。

周囲から「一卵性母娘」とも言われるほど仲の良い親子で、車椅子の娘を献身的に支えていた中村玉緒さんでしたが…。

長女の再婚をきっかけに『中村玉緒さんvs娘と運転手』という対立が深まり、母娘の間に溝ができたようです。

中村玉緒【2024現在】長女と絶縁で老人ホーム暮らし?

中村玉緒さんと長女が絶縁した背景には、息子である鴈龍さんが関係していると報じられていました。

母親の中村さんは長男の将来を考えて、経済的援助をストップ。その2年後に長男の奥村雄大さんは孤独死のような形で亡くなります。

実は長女の奥村真粧美さんは、弟の経済援助を打ち切ることに最後まで反対していたとか。

長男鴈龍さんの死後、母と娘の間には言い争いが増えていき、長女の奥村真粧美さんは中村さんの個人事務所の社長を辞任します。

中村玉緒さんは母娘で暮らしていたタワマンから引っ越し、一人暮らしを始めたそうです。

2023年2月、中村玉緒さんは一人暮らしの自宅で転倒。背骨を圧迫骨折する大怪我を負い、現在は老人ホームに入居していると報じらています。

中村玉緒さんが現在暮らしている老人ホームには、長女が見舞いに訪れることもないそうです。

娘さんが来ない理由は自身の病気なのか、母との絶縁なのか、詳しいことはわかっていません。

かつては、家族4人が俳優として芸能界で活躍していた中村玉緒さん一家。

華やかな家族としてメディアに取り沙汰されてましたが、2024年現在の中村玉緒さんは、介護施設で孤独に暮らしているようです。

娘の再婚と息子の突然死がきっかけで、絶縁状態にあると報じられている母と娘。

ファンにとっては辛い現実ですよね。

中村玉緒の子供は息子1人と娘1人【まとめ】

中村玉緒さんのお子さん2人について紹介しました。

残念ながら愛する夫は亡くなってしまいましたが、母親として2人の子供たちの将来や、孫の誕生を願っていた中村玉緒さん。

しかし、息子さんは50代で他界。娘さんとは現在は絶縁状態と報じられています。

背骨の圧迫骨折が原因で、2024年現在は老人ホームで一人暮らしをしている中村玉緒さん。

再びバラエティ番組で活躍する日をファンは待ち望んでいるようです。