心理・スピリチュアル

瞑想状態の7つの階層とは?願望成就のメカニズムと魂と繋がる3つのサイン

レディーガガも絶賛したディーパック・チョプラ博士。

チョプラ博士は、ご自身の著書でこの瞑想状態について詳しく解説しています。

今回は、チョプラ博士のいう瞑想状態の7つの階層とは?願望成就のメカニズムとは?そして魂と繋がる3つのサインとは?について書いてみたいと思います。

瞑想状態の7つの階層とは?チョプラ博士が解説

チョプラ博士は、瞑想を7つの意識階層に分けていて、その階層によって現実に現れる現象が違ってくると解説しています。

第1階層…深い眠り
第2階層…夢を見ているとき
第3階層…起きているとき
第4階層…超越意識
第5階層…宇宙意識
第6階層…神性意識
第7階層…統一意識

第1、第2、第3階層は私たちが毎日経験している意識階層です。

第4階層から先は純粋意識と呼ばれます。

純粋意識は、創造の源とも言われ、この階層に入ることは「シンクロニティ(共時性)」や「引き寄せ」を起こすきっかけや手助けになります。

実は、瞑想とは、第4から先の階層、すなわち純粋意識に入ることを言うのです。

チョプラ博士によれば、瞑想によって第7階層へ進むことができるようになると、

「自らの意識が心を、身体を、世界を作り出すことを完全に理解し、自らの意識に意識的になるので、自分の望むように現実を創造できるようになります」

出典:「宇宙のパワーと自由にアクセスする方法」(改訂版・フォレスト出版)

と述べています。

人はふたつの世界を同時に生きている

私たちは、誰もが目に見える物理的な世界に生きていると考えています。

ただ、チョプラ博士によると、実際にはまったく別の世界にも同時に生きているのだといいます。

シンクロニシティ(いわゆる、共時性)について説明するとき、チョプラ博士は「物理的な世界に存在するもののすべてが、実際には情報とエネルギーで成り立っている」と説明しています。

その「情報とエネルギー」を私たちがキャッチするときに、エネルギー波の持つ情報は、振動によって変化するというのです。

たとえば、ラジオの周波数を合わせるとその曲のラジオを聴くことができるように、私たちは波動の違うものを大ざっぱに「椅子」「身体」「りんご」というように認識しているのだとか。

自分を観察している本当の自分に気づけるか

自分を観察している本当の自分(「静かな目撃者」ともいうべき存在。魂の存在。)に気づけるかどうか、は大事なポイントのようです。

チョプラ博士によれば、瞑想による意識階層が第5の意識状態「宇宙意識」になると、

目が覚めていても睡眠状態にあっても、「静かな目撃者」である私たちの魂は、私たちの身体を見ていると言います。

「私たちの意識は、時空間に局在化された身体という形をとっていながら、同時に非局在的、または超越した状態でもあるのです」

そして、自分の身体を観察する「静かな目撃者」がいるという概念を理解するためには、瞑想を続けて意識階層を第5の「宇宙意識」にすることが必要です。

チョプラ博士の語る願望成就のメカニズムとは?

願望達成の速度を上げたければ、日常的に瞑想をし、意識状態の階層を高くしておくことが大切、とチョプラ博士は言います。

第5階層の「宇宙意識」にいるとき、

寝ていても夢を見ていても目覚めていても、私たちは、自分の源とつながっている状態にあるため、シンクロニシティというチャンスが訪れ、様々なヒントが与えられるのです。

瞑想をすることで、睡眠状態から目が覚めるのと同じように、今いる現実からも目覚めることができるといいます。

日常的に瞑想をすることは、肉体や精神の健康を保つだけでなく、意識階層を高くし、願望を早く達成することに役立つのですね。

源とつながっている3つのサイン

普段の生活の中でも、自分が源とつながっているかどうかを示すサインがあります。そのサインとは、どのような状態なのでしょうか?

チョプラ博士の述べる、源と繋がっている3つのサインを見ていきましょう。

源とつながっている兆候①

心配事がない。

あなたはどんなことに関しても心配しません。あなたは心が軽く、幸せです。

他人の意見に寄って感情を害することもなく、自分自身のやり方を通すことにもこだわらず、あるがままの状態に抵抗しなくなります。

 

源とつながっている兆候②

シンクロニティと偶然の一致。

偶然や同時に起こる出来事をより多く経験するようになります。実は、偶然の一致は、偶然のように見えますが、そうではありません。

それは宇宙全体の共謀とお膳立てで届けられたもの。すべてが同時進行的に生じる宇宙のはざまで、魂なるあなた自身の「自己」を垣間みているだけです。

「この偶然は何を意味しているのだろう?」と偶然の一致を無視しないことが大切です。

 

源とつながっている兆候③

自分が創造者であることを知っている。

このレベルでは、あなたは問題と奮闘することがありません。目の前の現実は、あなた自身の内面が写しだされたもの過ぎないということを知っているため

「自分の内側で何を変化させれば、これが起こらなくなるのだろう?」という視点で物事を観察することができます。

問題と同じレベルで取り組んで解決できる問題はありません。あなたは問題の上に昇り問題を超越するのです。

まとめ

レディーガガも絶賛したディーパック・チョプラ博士。

チョプラ博士のいう瞑想状態の7つの階層、願望成就のメカニズム、そして魂と繋がる3つのサインとはについて、解説しました。

個人的な見解もやや含まれますが、何かの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。