トレンド

【画像比較】ローランド(ホスト)の元の顔・整形前後がやばい!気になる素顔はコレ!

今回はホスト界の帝王・ローランドの素顔について取り上げます。

とっても美しい顔のローランドは

どこか洋風のお人形のような顔立ちです。

もともとはサッカー少年だったようですが

整形を繰り返し現在の顔立ちに落ち着いたようです。

ローランドの元の顔・整形前後の顔や、素顔に迫ります。

【画像比較】ローランドの元の顔・整形前後がやばい!

【画像】ローランドのプロフィール

ローランドといえば、ホスト界の帝王と言われる方です。

名前:ローランド(Roland)

生年月日:1992年7月27日

最終学歴:大学自主退学

卒業高校:帝京高校

高校卒業後は大学に進学するもののすぐに中退し18歳でホストデビュー。

1年間の下積み時代を経て、歌舞伎町の数々の最年少記録を更新。

20歳で当時所属していたホストクラブ店舗の代表取締役に就任。

現在は独立し歌舞伎町「PLATINA」をプロデュースする傍ら

モデルやタレントとしても活動しています。

【画像】ローランドの元の顔(素顔)はコレ!

ローランドの元の顔(素顔)の画像はこちらです。

サッカー少年時代の顔画像をテレビ番組で公開していました。

一重まぶた

丸刈り

典型的なスポーツ少年という顔立ちです。

・中学時代は柏レイソルJrユースに所属

・帝京高校へサッカー特待生としてスカウトされた

という経歴の持ち主で本気でプロサッカー選手を目指していたとのこと。

こちらのローランドのサッカー動画を見るとその経歴は明らかです。

成績優秀でスポーツも出来たものの・・

当時は女子からは全然モテなかったようです。

【画像】ローランドの「東城誠」時代はコレ!

もともと中学時代からバリバリのサッカー少年でしたが

ケガをしてしまったことでサッカーへの道を断念。

その後は大学に進学したものの、大学を中退して「ホスト界」へ。

「俺はホスト界の帝王になる!」

といい出し家族の反対を押し切りホストの道へ足を踏み入れました。

ローランドと名乗る以前はホスト名「東城誠」として活動していました。

東城誠として活動していた頃の動画はこちらです。

(動画の一番左に映っている青年が東城誠時代のローランドです)

現在の美しく優雅でクラシカルな雰囲気はありません。

どちらかというとギャル男のような雰囲気です。

当時から、ホストとしてのトーク力には定評があり、

あとは顔だけだ!と話していたそうです。

このときすでに、ある程度は整形をしていたようですが

その後、本格的に今のローランドになるための整形をします。

 

【画像】ローランドの整形前後の比較はコレ!

ローランドがテレビでも公開していた整形前後の画像を比較してみましょう。

まずは正面から比較

次は側面から比較

整形のメニューはこちら。

・鼻プロテーゼ(隆鼻術)
・眼瞼下垂
・眉間プロテーゼ
・鼻中隔延長術
・鼻翼縮小(外側)
・鼻翼縮小2回目(内側・外側)
・鼻翼拳上
・涙袋形成
・歯の矯正

こうしてみると鼻がコンプレックスだったのか・・・

鼻の整形メニューが多いです。

ただ、この中で一番金額がかかっているのは顔ではなく「歯」。

歯にはなんと400万ほどの金額がかかっているようです。

結果、整形にかかった金額は合計1000万円を超えたという話です。

なお、そのときの整形クリニックはこちら。

整形クリニック名:ヴァリテクリニック

担当医:福田慶三

ローランドを整形したのは、福田慶三さんという超有名な美容外科医だったそうです。

【画像】ローランド現在はストイックに美を追求中!

ついに、顔の美しさも手に入れたローランド。

モデルやタレントとしても活動の幅を広げています。

東城誠時代のギャル男っぽい雰囲気はなくなり

今ではクラシカルで美しいオーラが滲み出て紳士の雰囲気ですね。

もともとトーク力に定評のあるローランドですが、こう話しています。

ロブションにて。

トークが上手くなりたいのなら、

美味しい物を食べて

とことん舌を甘やかしてあげるのが1番。

父の教えです。

(引用:ローランド公式インスタ

ローランドの父親は、有名ギタリストの松尾洋一さんです。

ローランド家族について詳しくはこちらをどうぞ。

さらにローランドは、美の追求に関して

ヨーロッパの撮影時には次のように話していました。

美的センスを取り入れるため・・というのもあるんだけど

見たことない奴って視野がどうしても狭くなっちゃうし

新宿近辺しか知らないホストと世界を見てる俺とでは次元が違う

こちらの動画の2:35あたりで語っています。

(再生すると2:35からスタートします)

優雅に見えますが、素顔はとてもストイックです。

サッカー少年時代の名残でしょうか・・

普段は決して見せないというトレーニングの現場でも次のように話しています。

どんだけきつくても、

どんだけ体調悪くても、

どんだけ取材が入っていようが

絶対に1時間しっかりトレーニングするってのは日課

継続するのが大事だからさ

やろうと思って1週間やるのは誰でもできる

ちょっと精神力強い奴は1ヶ月くらいは続く

ただそれを毎日決まった時に決まった時間

しっかりメニューをこなすっているのは

なかなか難しいしさ

んー・・だから

デブっていっぱい居るじゃん?

あれは甘えだから

トレーニングで語る場面は、こちらの動画の1:07あたりから始まります。

(再生すると1:07からスタートします)

ローランドは現在でも貪欲に、

自分に甘えることなく

世界レベルの美を追求中ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。