ビートたけし

ビートたけし歴代愛車まとめ|高級車にまつわる名言・エピソード集

ビートたけしさんは、車好きとしても有名で、たけしさんの愛車は高級車ばかり。

今回は、ビートたけしさんの愛車と愛車にまつわるエピソードや名言について取り上げます。お気軽にお読みくださいね。

スポンサードリンク

【画像】ビートたけしの歴代愛車

【画像】ポルシェ959

【画像】ポルシェ979K

【画像】フェラーリ458イタリア

【画像】フェラーリ599

【画像】フェラーリ612スカリエッティ

【画像】ランボルギーニ・ガヤルド(北野ブルー)

【画像】ロールスロイス・ファントム

【画像】メルセデス・ベンツ SLS AMG

【画像】SNAKE MOTORS 196RS

【画像】ブガッティ・ヴェイロン

 

スポンサードリンク

【驚愕!】ビートたけしの高級車にまつわるエピソード

【ポルシェ959】たけしの愛車をビル・ゲイツがお買い上げ!

ビートたけしさんのポルシェ好きは有名で、お笑い芸人が外車に乗るのはご法度のように思われていた頃でも、ポルシェを乗り回していたという伝説があります。

この「ポルシェ959」はたけしさんの大のお気に入りだったそうですが、既に手放しているそうです。

輸入中古車などを扱う販売店によると、たけしさんの愛車の市場価値は凄いんです!

「たけしさんは有名なカーマニア。彼の車だったというだけで価格が上がる」

(引用:スポニチより)

加えて、このポルシェ959は非常に希少な車で、そもそも中古でもなかなか出回らないほどの名車だったとのこと。

たけしさんが過去に手放した、この「ポルシェ959」は、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏が購入したというのも有名な話です。

たけしの車を、あのビル・ゲイツが欲しがったということか!

【ポルシェ979K】ポルシェ959を現代風に蘇らせたい!

ポルシェ997ターボのワンオフ車です。「ポルシェ959を現代風に蘇らせたい」というビートたけしさんの考えを受けて、所ジョージさんが外装をアレンジしました。

元々黒だったカラーを一度白に塗り、納得いかず、また黒に塗りなおした。

という徹底したこだわりようだった、と伝えられています。

なお、たけしさんに離婚をうながしたとされる愛人・ゴンちゃんは、たけしさんの愛車のポルシェを乗り回していたとのことです。

乗り回していた車は、この「ポルシェ979K」ではないか、と噂です。

【フェラーリ458イタリア】「成金号」と命名!

 

たけしさんは、所ジョージさんの見立てで複数のフェラーリを購入しました。

1台目は、フェラーリ458イタリアです。黄色という色も目を見張りますね。

このフェラーリは、なんと「成金号」と命名されたとのこと!

黄色という色味からして「成金号」という名前は、ぴったりですね。笑

【フェラーリ599】跳ね馬エンブレムがコマネチ!

2台目のフェラーリにも、並々ならぬこだわりがあります!

なんと、フェラーリのエンブレムである跳ね馬が、ビートたけしさんの代表的な一発ギャグであるコマネチになっている!

ビートたけしさんの有名なギャグ「コマネチ」のポーズを取る馬に変更されています。

所ジョージさんがアレンジしてプレゼントしたそうです。

ちなみに、下部に書かれているイニシャルの「K」はビートたけしさん、「T」は所ジョージさんの事だそうです。

【フェラーリ612スカリエッティ】こっちもコマネチ!

3台目のフェラーリもカッコいいですね!

この車のエンブレムも「コマネチポーズを取ってる馬」なのだそうです。

【ランボルギーニ・ガヤルド】北野ブルーに塗りなおさせた!

こちらは、特別に業者に依頼してカラーを塗りなおしてもらったという、世界に一台しかないカラーのランボルギーニガヤルドです。

この綺麗なブルーは、ビートたけしさんの映画のビジュアル面の特徴といわれている「キタノブルー」から来ており、世界でもっとも注目されている1台です。

スカイブルーに塗装し直した「ランボルギーニ・ガヤルド」は話題になること必至。

たけしの監督映画は画面が青みがかった“北野ブルー”と呼ばれ、その色調は欧州で大人気。

映画好きの大金持ちが興味を示す可能性もある。

(引用:スポニチより)

北野ブルーが中古車市場に出回れば、たちどころにセレブがお買い上げしそう。

スポンサードリンク

【ロールスロイス・ファントム】弟子に運転させタクシーから眺めた

ビートたけしさんがロールスロイスをはじめに買おうと思ったのは、芸人一本でやっていた頃だそう。

ただ、ロールスロイスはお金があれば良いという訳でなく、審査があります。

『芸人という仕事のイメージがロールスロイスに合わない』

という理由で当時は審査に落ちたそうです。

その後、俳優や映画監督等の仕事をはじめ、それが評価されるようになったあとに、ようやく審査に通り、ロールスロイスを購入しました。

ビートたけしさんが日常移動する時は、この車を使っていたそうです。もちろん運転手付き。

余談ですが、ビートたけしさんは車は大好きなのですが、ご自分で運転されるのは、あまり好きではないそうです。

『自分で運転していると車の外観が分からないから』

という理由で、嘘か真か、弟子に自分の愛車を運転させて、自分はタクシーを並走させて愛車の走る姿を眺めていた、なんて伝説もあるようです。

【メルセデス・ベンツ SLSAMG】弟子に現金800万円を手渡し!?

ベンツSLS自体が超レアな車で、中古でも2000万以上はすると言われます。

この車は、ドイツのチューニングメーカー「モーゼル」にオーダーし、スペシャルチューンを施してもらった特別仕様車なのだそうです。

また、フロントには北野のKのエンブレムが輝いているのも特徴です。

面白いエピソードといえば、

昔たけし軍団の一人つまみ枝豆さんが、ビートたけしさんに

「今欲しい物なんだ?」

と聞かれたときのこと。つまみ枝豆さんは、

「ベンツ」

と答えたところ、たけしさんは

「買いたい時に買うのが一番」

と言って、現金800万円を渡した。

というエピソードも残っています。

【SNAKE MOTORS 196RS】所ジョージが全力プロデュース!

所ジョージさんプロデュースの「世田谷ベース」生まれのブランド「スネークモータース」の車です。

1950年代にメルセデス・ベンツが生み出したレーシングカー「W196R ストリームライン」をモチーフとして、C6コルベットをベースに製作したそうです。

ビートたけしさんが会長、所ジョージさんが社長を務めるスネークモータースが手掛ける、オリジナルのワンオフモデルです。2014年には浅間ヒルクライムに登場しています。

スポンサードリンク

【ブガッティ・ヴェイロン】1台2億円・実はプレゼントされた?

 

一台で約2億円、世界で最も高額な車といわれている超ド級高級車です。

ビートたけしさんが、60歳前後の年齢の時に購入されたようです。

メーカー側が話題づくりのためにビートたけしさんにプレゼントした

という噂も出回っています。(あくまで噂です)

この車は価格自体とんでもないのですが、さらに大変厳重な審査が顧客に対して行われます。まずそれに通らないと購入する事はできません。

例え購入するお金があったとしても、購入後、車をずっと最高の状態で維持・管理できるだけの財力があると認められなければダメなのです。

つまり、ずっと安定して超高額の収入がある本物のVIPにしか、この車を購入する資格は無い、という事ですね。

世界的に認められた映画監督、北野武だからこそ所有できる車です。

なお、たけしさんがこれらの高級車をズラリと並べていたガレージがあるご自宅は「等々力ベース」と呼ばれている豪邸です。

離婚後たけしさんの手元に唯一残った資産といわれる「等々力ベース」や、かつて所有していた大豪邸については、こちらの記事で詳しく書いています。

 

スポンサードリンク