ニュース

熊澤英昭の華々しい経歴がヤバイ!家庭崩壊はいつから?殺害は親の責任だった?

2019年6月1日、元農水省事務次官の熊澤英昭容疑者が息子を殺害したとして逮捕されました。

実の息子を殺すなんて一体なぜ?

熊澤容疑者は、東大卒の元エリート官僚で華々しい経歴の持ち主ですが、影では息子の家庭内暴力に苦しんでいたようです。

熊澤容疑者の経歴や息子との不和についてせまってみたいと思います。

スポンサードリンク

元農水事務次官・熊澤英昭が息子を殺害

出典:中日新聞より出典:中日新聞より

2019年6月1日、元農水省事務次官の熊澤英昭容疑者が息子を殺害したとして逮捕されました。

1日午後3時40分ごろ、東京都練馬区早宮の住宅から「息子を刺し殺した」と110番があった。

警察官が胸などから血を流している男性を発見、搬送先の病院で死亡が確認された。

警視庁練馬署は殺人未遂の疑いで、通報した住人の元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)を現行犯逮捕した。

練馬署によると、死亡した男性は同居している長男の無職英一郎さん(44)

熊沢容疑者は「長男を包丁で刺したことに間違いない」と容疑を認めており、殺人容疑に切り替えて調べる。

英一郎さんは1階の部屋の布団の上にあおむけで倒れ、上半身の複数箇所を刺されていた。近くで包丁も見つかった。

(引用:中日新聞より)

76歳の父親が44歳の息子を刺すという悲惨な事件が起きてしまいました。

実の息子を殺すなんて一体なぜ?

熊澤容疑者は、東大卒の元エリート官僚で華々しい経歴の持ち主ですが、影では息子の家庭内暴力に苦しんでいたようです。

熊澤英昭の家庭崩壊の実態がヤバイ!

熊澤英昭の華々しい経歴・東大卒→官僚トップの事務次官へ

出典:中日新聞より出典:中日新聞より

熊澤容疑者は東大卒で農水省事務次官まで上り詰めた超エリートです。

名前   :熊澤英昭(くまざわひであき)
生年月日 :1943年(昭和18年)4月21日
年齢   :76歳
出身地  :岐阜県
学歴   :東京大学
住所   :東京都練馬区早宮4

東京大学では法学部に所属。23歳で農水省に入省し、それ以降はずっと官僚畑を歩んできました。

出典:Twitter出典:Twitter

上の写真からは一見、温厚そうな人柄にも見えます。

ご結婚もされており、32歳のときには長男である熊澤英一郎さんをもうけています。

2001年の58歳のときには官僚トップのポジションである事務次官まで登りつめました。事務次官の収入は年収2000万円とも言われています。

  • 1967年農林水産省入省
  • 大臣官房総務審議官
  • 畜産局長
  • 経済局長
  • 1998年7月農林水産省審議官
  • 2001年1月農林水産省事務次官
出典:共同通信社より出典:共同通信社より

しかし、BSE(牛海綿状脳症)問題の対応にあたり失脚。

記者会見では汗をふきながら質問に答えていましたが、結局、このBSE問題の責任をとる形で、2002年1月に辞任しました。

  • 2005年チェコ大使

退官後は2005年から2008年にかけてチェコ大使を務め65歳で定年退職したようです。

元農水省の同期官僚は熊澤容疑者について

(熊澤容疑者)本人はとても真面目な人間です

と話していたそうです。(引用:文春オンラインより)

元官僚のエリートであり、世間からはやっかみもあるかもしれません。

ただ、定年まで真面目に官僚を勤め上げたことからも、熊澤容疑者は、もともと真面目で責任感も強い性格だったのかもしれません。

妻との関係も決して悪くなかったようです。

奥さんと2人で年中いっしょにいて、仲はよさそうだった

お父さんは朝からウォーキングしたり、お母さんもお花に水やりしたり、とてもやさしそうな、感じのいいご夫婦でした

と近隣住民の方が話しているようです。(引用:文春オンライン)

スポンサードリンク

熊澤英昭の家庭不和・息子の「殺したい」発言

熊澤英昭容疑者の元事務次官という経歴は華々しい限りです。

しかし、調べてみると、息子との間には相当根深い確執があったようです。息子は熊澤英一郎さんで、ネットで「神崎ひろみ」と名乗っていました。

出典:Twitter出典:Twitter

私は肉体は健康だが脳は生まれつきアスペルガー症候群だし、18歳で統合失調症という呪われて産まれた身体。私が1度でも産んでくれと親に頼んだか?

息子の英一郎さんは18歳ころから統合失調症だったようで、ゲームに興じながら、44歳まで引きこもりの生活を送っていたようです。

気にかかるのは「私が1度でも産んでくれと親に頼んだか?」という態度。自分の現状を親のせいにして卑屈になっている姿が垣間見れます。

出典:Twitter出典:Twitter
 

愚母を殺したい

母親との関係も相当悪かったようです。しかし「殺したい」とつぶやくなど正気とは思えません。

出典:Twitter出典:Twitter
 

何が産んでくれた?勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたいんだ私は。

自分を産んだのは「親の勝手な都合」、だから「最期まで自分の面倒を見ろ」という意見を持っていたようです。かなり身勝手で歪んだ性格だったようです。

一部報道によると、息子の英一郎さんは、家庭内での暴力もあったとのこと。近隣住民との付き合いもなく、見かけても挨拶すらしなかったようです。

スポンサードリンク

熊澤英昭の家庭不和・息子のツイッターを監視する父

父親の熊澤容疑者は、息子のツイッターアカウントを「江戸京介」の名前でフォローしていた、ということも分かりました。

出典:Twitter出典:Twitter
 

私のフォロワーの江戸京介さんが熊澤英昭元事務次官ですよ。

知らぬが仏でしょう。

(中略)

もし私が父親を通じて、役所を動かしたらドラクエ10で嫌がらせがあると役所が判断したらドラクエ10のサービスを強制終了される可能性もあります。

このように息子の英一郎さんは、自身のツイッターで父親が自分のアカウントをフォローしていることを明かしています。

父親の熊澤容疑者は、息子のツイッターをフォローして息子の動向を見守っていた、言い方を変えれば監視していた、とも言えそうです。

んじゃ、教えてあげよう。熊澤英一郎と申しましてBSE問題で話題になった熊澤英昭元事務次官の愚息であります。

熊澤英昭で検索してください。5年間リアフレ以外ずっと隠してたのにねぇ。。

英一郎さんはネットの世界で匿名・偽名で遊んでいるだけではなく、実名を出すなど、いつ何をしでかすか分からない様子。

真面目な性格の熊澤容疑者は、このような息子の現状に相当まいっていたようです。

父親として相当気がかりだったのでしょう。

スポンサードリンク

熊澤英昭が息子を殺害・犯行動機は親の責任?

家庭崩壊はいつから?

長男の英一郎さんは小学校からずっとイジメを受けており、18~20歳ころに統合失調症を発症していたようです。

家庭崩壊は20年以上前から起こっていたのかもしれません。

熊澤英昭が警察に述べた犯行動機

出典:共同通信社より出典:共同通信社より

熊澤容疑者が抱える家庭内でのストレスは暴発寸前だった、と捜査関係者が話しているそうです。

「熊澤容疑者は息子の家庭内暴力のことでかなり精神的に参っていたようです。周囲や官僚仲間にも息子の引きこもりについての相談をしていました。

この日も小学校の運動会がうるさくて、そのことが原因で口論に発展。

日頃から家庭内に暴力を振るっていたが、熊澤容疑者は『周囲に迷惑をかけてはいけなかった』と話しています」

(引用:文春オンラインより)

何をしでかすか分からない息子を抱え、心労はかなりのものだったでしょう。

自分を産んだのは「親の勝手な都合」、だから「最期まで自分の面倒を見ろ」というふうにツイッターでつぶやいていた息子の英一郎さん。

当然、父親の英昭容疑者もこのツイートを見ていたでしょう。息子の現状を嘆き、最期は親として責任を果たしたということなのでしょうか。

英一郎さんの胸を複数回、包丁で刺し、自ら警察へ出頭したとのこと。

自ら出頭した行動からは、ある種の冷静さも垣間見れます。決して正気を失って犯行におよんだというわけでは無さそうです。

どんな理由であっても殺人はあってはならないと思いますが、家庭崩壊の凄まじさを感じずにはいられません。

最期までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク