芸能人

山口真帆 黒い羊の動画と歌詞全文!まほほんが歌う重みがヤバイ!歌に込めた意味は?[ 卒業公演]

2019年5月18日、山口真帆さん卒業公演で、欅坂46の楽曲「黒い羊」を歌いました。

暴行事件に端を発して、NGTに居場所を失った山口真帆さんが、この「黒い羊」を選曲・熱唱したことに、ファンからはどよめきが起こっています!

今回は、山口真帆さんが披露した黒い羊の熱唱動画や歌詞全文をご紹介するとともに、まほほんが込めた意味を考察したいと思います!

スポンサードリンク

山口真帆 卒業公演での挨拶

2019年5月18日、NGT48の山口真帆さんが、菅原りこさん、長谷川玲奈さんとともに、NGT卒業公演を行いました。

卒業公演のときの動画はこちらです。

ファンに「ありがとう」と手を振る3人。ファンからは惜しみない拍手が送られました。

山口真帆の卒業公演に集ったメンバー

当初3人だけの卒業公演になるのではないかとファンから心配されていましたが、会場へは他のメンバーも駆けつけました。

登場したのは次の5名のメンバーです。

ー1期生

  1. 日下部愛菜
  2. 小熊倫実
  3. 角ゆりあ

ー研究生

  1. 高沢朋花
  2. 高橋七実

山口真帆さんたちとの思い出話に花を咲かせたあと、8人で披露した楽曲に会場がどよめきました。

なんと欅坂の「黒い羊」を熱唱したのです!

どうしても見届けたくて卒業公演を見ていたら、まさかの黒い羊が始まって「えっ」と声が出ました…言葉の重みがすごい…

スポンサードリンク

山口真帆 卒業公演で「黒い羊」を熱唱!

山口真帆の「黒い羊」動画と歌詞全文!

「黒い羊」の歌詞全文はこちらです。

信号は青なのかそれとも緑なのかどっちなんだ 
あやふやなものははっきりさせたい 

夕暮れ時の商店街の雑踏を通り抜けるのが面倒で 
踏切を渡って遠回りして帰る 
放課後の教室は苦手だ 
その場にいるだけで分かり合えているようで 
話し合いにならないし白けてしまった 
僕は無口になる 
言いたいこと言い合って解決しようなんて楽天的すぎるよ 

誰かがため息をついた 
そうそれが本当の声だろう 

黒い羊 
そうだ 僕だけがいなくなればいいんだ 
そうすれば止まってた針はまた動き出すんだろう 
全員が納得するそんな答えなんかあるものか 

反対が僕だけならいっそ無視すればいいんだ 
みんなから説得される方が居心地悪くなる 
目配せしてる仲間には僕は厄介者でしかない 

真っ白な群れに悪目立ちしてる 
自分だけが真っ黒な羊と言ったって同じ色に染まりたくないんだ 

薄暗い部屋の明かりを付けるタイミングっていったいいつなんだろう 
スマホには愛のない過去だけが残ってる 
人間関係の答え合わせなんか僕にはできないし 
そこにいなければよかったと後悔する 
人生の大半は思うようにはいかない 
納得できない事ばかりだしあきらめろと諭されてたけど 
それならやっぱ納得なんてしないままそのたびに 
何度も唾を吐いて噛みついちゃいけませんか 

No No No No 全部僕のせいだ 

黒い羊 
そうだ僕だけがいなくなればいいんだ 
そうすれば止まってた針はまた動き出すんだろ 
全員が納得するそんな答えなんかあるものか 
反対が僕だけならいっそ無視すればいいんだ 
みんなから説得される方が居心地悪くなる 
目配せしてる仲間には僕は厄介者でしかない 

わかってるよ 

白い羊になんて僕は絶対なりたくないんだ 
そうなった瞬間に僕は僕じゃなくなってしまうよ 
周りと違うそのことで誰かに迷惑かけたか 

髪の毛を染めろという大人は何が気に入らない 
反逆の象徴になるとでも思っているのか 
自分の色とは違うそれだけで厄介者か Oh! 

自らの真実を捨て白い羊の振りをするものよ 
黒い羊を見つけ指を指して笑うのか 

それなら僕はいつだってそれでも僕はいつだって 
ここで悪目立ちしてよう

山口真帆さん達が卒業公演で歌った欅坂の黒い羊の歌詞を調べたら震えた。

山口真帆ちゃんが卒業公演で黒い羊歌うの…なんとも言えない気持ちになるね…あなたの幸せを願ってます…

スポンサードリンク

まほほんが歌う「黒い羊」の言葉の重みがヤバイ!

  山口真帆さんが8人で熱唱した「黒い羊」。

暴行事件について納得の行く解決が見られないままグループは再出発を図りました。

“納得いかないなら去れ”

と言わんばかりの運営の態度に山口真帆さんは卒業を決意し

もうここに私の居場所はなくなってしまいました

と涙ながらにお手紙を読んだ姿はファンの記憶に深く刻まれています。

山口真帆がやる黒い羊は色々な意味が込められすぎてて怖い。

という声も上がっています。

まほほんが選曲に込めた思いとは?

卒業公演に「黒い羊」を選んだことには山口真帆さんなりの明確な意思表示があったのだと思います。

そうだ僕だけがいなくなればいいんだ 
そうすれば止まってた針はまた動き出すんだろ 
全員が納得するそんな答えなんかあるものか 
反対が僕だけならいっそ無視すればいいんだ 
みんなから説得される方が居心地悪くなる 
目配せしてる仲間には僕は厄介者でしかない 

黒い羊のこの歌詞は、まさにNGTで居場所が失くなってしまった山口真帆さんの状況そのもの!

山口真帆さんの心境を察するにいたたまれない気持ちになります。

しかし、歌詞後半にもあるように

白い羊になんて僕は絶対なりたくないんだ 
そうなった瞬間に僕は僕じゃなくなってしまうよ 

あくまで変わろうとしない運営やNGTの在り方に「従属はしない」という明確なメッセージが込められています。

自らの真実を捨て白い羊の振りをするものよ 
黒い羊を見つけ指を指して笑うのか 

それなら僕はいつだってそれでも僕はいつだって 
ここで悪目立ちしてよう

逆に強烈に皮肉っているようにも感じますね。最後まで意思を曲げずに自分を貫く山口真帆さんの毅然とした姿は、ファンの心にも深く刻まれたのではないでしょうか。

全部僕のせいだ

という歌詞に対して一部のファンからは

卒業公演お疲れさまでした

黒い羊の披露で身体が震えています

「全部せい」は チームGを守り切れなかったと解釈しますがあなた達は何一つ間違った事はしてません

今夜はゆっくり心と身体を休ませて下さい

まほほんは悪くないよ

といった声も寄せられています。

まほほんが「黒い羊」を共に歌ったメンバー

この強烈な卒業公演について、スポニチは、

NGT48山口真帆(23)が卒業公演で、欅坂46の楽曲「黒い羊」を歌い、グループに強烈な対抗意識を示した。(引用:スポニチより)

と報じています。

ここに集って歌ったメンバーと、そうでないメンバー。

最後までうやむやにしようとした運営と異なり、最後の最後に対立の構図を明確にして去っていくところに、まほほんの度胸を感じずにはおれません。

勇気がある!!! こんな形の卒業をさせるって・・・AKSは本当に酷すぎ、ブラックなんてもんじゃないめちゃくちゃな会社だな。

まほほんが「黒い羊」を歌うことを止めなかったAKSの意図が気になります。

こんな事態になっても、むしろ話題性を優先したのか、、?

芸能界のえげつなさと闇を感じますね。

NGTに残るメンバーのことが気がかりですが、まほほんの背中を見て少しでもグループが良い方向に向かってくれることを願うばかりです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク