TV・CM・ニュース

平成最後の2019新年一般参賀!何時に行けば良い?注意点は?周辺のトイレも要チェック!

平成最後となる2019年の新年一般参賀は空前の数になるとの予想!

一般参賀が初めてという方のために、2019新年一般参賀の到着時間の目安と一般参賀の注意点をまとめました。

天皇退位が決まった直後の2018年一般参賀の参列者は過去最多の12万6720人。2019年一般参賀は、これを上回るとの予想です。

事前によくよく準備しておきましょうね!

2019新年一般参賀の日程と場所は?

参入門は皇居正門(二重橋)の1箇所のみとなります。

■地図

■アクセス

地下鉄の二重橋前駅、もしくは日比谷駅の出口が最寄。

桜田門駅、大手町駅から歩くことも可能。

JR線なら東京駅か日比谷駅。(二重橋までは徒歩15分ほど)

※タクシーを使うことも可能ですが、タクシー含む一般車両は皇居敷地内に入ることは出来ません。

2019新年一般参賀 何時に行けばいい?

お出ましは,午前10時10分頃,同11時頃,同11時50分頃,午後1時30分頃及び同2時20分頃の5回が予定されています。お出まし時間は各回とも5分程度です。

過去最多の参賀者数が予想される2019新年一般参賀に限っては例年通りとはいかないでしょう。2018年のときは、午前11時から並び始めようやく最終14時20分の回の直前になって入れた、という状況だったそう。

混雑を避けるというのは無理な話で、長時間待つ覚悟で対策していく必要がありますね。

狙っていくお出まし時間 参入門到着時刻(目標目安)
【午前】10時10分頃 5時~7時
【午前】11時頃 6時~8時
【午前】11時50分頃 7時~10時
【午後】1時30分頃 10時~
【午後】2時20分頃 11時~

通常であれば、待ち時間は1時間程度と言われますが、2019に限っては予測不能です!

各回とも2~3時間前には参入門に到着するのが安全策と考えましょう。

なお、二重橋の正門から参入が始まるのは例年、午前9時30分頃だそうです。また、閉門時刻(予定)は午後2時10分となっています。

Sponsored Link




2019新年一般参賀 注意点まとめ

清潔な服装で防寒対策を!

天皇陛下にお会いする機会なので、清潔な格好をしていくことを心がけましょう。また、長時間外で並ぶことが予想されるため、しっかり防寒対策していきましょう。

入門する際に手荷物検査がある!

皇居内はキャリーバッグや大きなバックパックは持ち込むことができません。自撮り棒も禁止されています。小さなバッグのみで出かけましょう。

事前にトイレを済ませておく!

東庭付近にトイレはないため、用を足すには皇居外に出る必要があります。いったん皇居外に出ると、当然入場列に並び直す必要があるため、事前に必ずトイレは済ませておきましょう。

Sponsored Link




2019新年一般参賀 参入門付近のトイレはどこ?

参入門付近の公衆トイレは4箇所。東京駅まで足を伸ばせば、綺麗な多機能トイレも多数あります。できるだけ自宅やホテル、又は、利用する駅で済ませるようにしましょう。

2019新年一般参賀 基本情報まとめ

一般参賀の基本情報は宮内庁公式ページにあります。

期日 平成30年1月2日
参入時刻 (午前9時30分~午後2時10分)
参入門 皇居正門(二重橋)
退出門 坂下門,桔梗門(ききょうもん),乾門
お出まし(予定) ○第1回及び第2回は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方
○第3回以降は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下及び眞子内親王殿下

  • 第1回 午前10時10分頃
  • 第2回 午前11時00分頃
  • 第3回 午前11時50分頃
  • 第4回 午後1時30分頃
  • 第5回 午後2時20分頃

引用元:宮内庁新年一般参賀要領

 

一般参賀が初めてという方のために、2019新年一般参賀の到着時間の目安と一般参賀の注意点をまとめてみました。

平成最後となる2019年の新年一般参賀。参賀者の数は過去最多となる見通しです。

参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link