ドラマ

【インハンド】ネタバレ第3話!原作漫画の結末は?高家が絶体絶命ピンチ!

2019年4月26日放送のドラマ『インハンド』第3話が気になりますね!今回は、原作漫画のあらすじやネタバレを書いていきたいと思います。

▼こちらの記事では、原作漫画を無料で読む裏技もご紹介しています!▼

▶【インハンド】原作漫画を無料で読む裏技!3冊分丸ごと読めるオススメの配信サービスは?

ドラマ『インハンド』第3話!

第3話のテーマは「不老不死」!

アンチエイジングとその先にある不老不死を目指す謎の美容団体。その責任者が事件を引き起こします。

事件を追求していくうちに高家が捕まるという危機に!

ドラマ『インハンド』第3話は、原作漫画では『インハンド プロローグ(Ⅱ)』に収録されている「ガニュメデスの杯」のようですね。

原作漫画のあらすじはどうなっているのでしょうか。以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

原作漫画『インハンド』第3話あらすじ・ネタバレ!

人身売買の現場を抑えようとした警官が行方不明に!

    

人身売買の現場を抑えようとした警察官が行方不明に!

牧野が紐倉博士の研究室を訪れます。

この男をよくみて、見覚えない?

防犯カメラには、警察官を拉致する男たちと、そこにいた人体ブローカー「コバヤシ」が映っていました。

実はコバヤシは紐倉の取引先。

以前、紐倉はコバヤシから人骨の標本を購入した経緯がありました。

コバヤシの連絡先をよこすよう、牧野は紐倉にせまります。

しかし、紐倉はこう言って、ある美容団体へ行くよう促します。

そいつは犯人じゃない、写真の犯人の腕を見ろ

拉致瞬間の映像には、男たちの腕に、ある美容団体の関係者がつけるブレスレットが映っていました。

あの団体が事件に関わっている、、と紐倉は判断し乗り込みます。

不老不死を目指す謎の団体「ガニメデ財団」

アンチエイジングとその先にある不老不死を目指す謎の美容団体「ガニメデ財団」。

警備の厳重なガニメデ財団の本部に乗り込むため、不老不死に関するニセの論文をでっちあげ、代表・瀬見まき子に接触するため、興味をひくという作戦に出ました。

論文に興味を示した瀬見は、紐倉とコンタクトをとり本部に招き入れます。

このとき紐倉は、本部を探るため、あえて高家に紐倉と名乗らせ時間稼ぎをするように促しますが、、

紐倉の不審な動きがバレてしまい、高家は人質の身となってしまいました。

高家が連れ込まれたのは特別な実験室

実験室で目を覚ました高家。そこは港に停泊している船のなかの実験室でした。

ベットの横には行方不明になっていた警官も横たわっています。

瀬見はここで、人間を若返らせるという血液中のタンパク質「GDF11」の実験をしていました。

私は臨床試験の結果なんて待てないの、だって待ってたらおばあさんになって死んでしまうもの

人体ブローカーから若い人の血液を集め、ガニメデで治療として輸血していたという実態が明らかになるのでした。

一方、紐倉は人体ブローカーのコバヤシと接触。

紐倉は、コバヤシからガニメデとの取引場所を聞き出し、急いで現場に向かいます。

瀬見の不老不死への異常な執着・駆けつけた紐倉は?

ベットの上で紐で縛られ自由を奪われた高家はまさに監禁状態。

高家が絶体絶命のピンチに!

そこへ紐倉が駆けつけます。

現場に駆けつけた紐倉は、輸血用の血液バッグを次々と捨てて、船内に火を放ちます。

なぜ邪魔をするの?あなたは死が怖くないの?

不老不死を求め、生きることに異常な執着を見せる瀬見。

この言葉に、紐倉はなんと答えたのか。(ネタバレここまで)

原作漫画の渾身のラストシーンは!?

紐倉博士の語る死生観とはどのようなものなのか、原作漫画では、ここからラストシーンまで12ページが割かれています。

原作漫画で紐倉が語る死生観には、思わず唸ってしまいます。

怖いさ、それこそが進化のエネルギーの源だ

「死」に対する悲壮感は全くなく、そこから展開される希望の言葉に注目です。

「未来は僕たちの手の中にある」(まさにタイトル『インハンド』の意味そのもの!)

ぜひ原作漫画を直接手にとって味わってみてはいかがでしょうか。こちらでは、原作漫画を無料で読むオススメの裏技もご紹介しています!

▼こちらの記事では、原作漫画を無料で読む裏技もご紹介しています!▼

▶【インハンド】原作漫画を無料で読む裏技!3冊分丸ごと読めるオススメの配信サービスは?

ドラマ第3話の原作であるガニュメデスの杯は『インハンド プロローグ (Ⅱ)』に収められており、この事件はこの1冊で完結します

そのためガニュメデスの杯のストーリーだけ読みたい場合は、プロローグ(Ⅱ)のみでOKです。