スポーツ

イチローに子供がいない本当の理由は?嫁・弓子の不妊治療の真相は?

2019年3月21日深夜にイチロー選手が引退会見を開きました。メジャーリーグという世界最高峰の舞台で活躍し、ストイックに野球に取り組んだイチロー。

イチローは1999年に元TBSアナウンサーの福島弓子さんと結婚。子供はおらず、一弓というかわいらしい柴犬と日々過ごしています。

スーパースターのイチローだからこそ、「なぜ子供がいないのか」気になりますよね。そこで、今回は、イチローになぜ子供がいないのか、調査したいと思います。

スポンサードリンク

イチローと嫁・福島弓子は年の差婚

イチローイチローと嫁・弓子さんは8歳差で結婚

イチローと嫁・福島弓子さんは、ラジオ「イチローの気持ちはいつもフルスイング」(1995年)で共演したことをきっかけに友好関係が始まりました。

TBSでのインタビューや対談の際に、イチローはいつも福島弓子さんを指名していたと言います。そのぐらい、相性が良かったようです。

1997年ごろから本格的な交際を開始。1999年1月にイチロー選手が弓子さんにプロポーズし、1999年12月にロサンゼルス郊外サンタモニカのチャペルで挙式しました。

イチローイチローと嫁・弓子の結婚会見

下の結婚会見のコメントからもお二人の相性の良さが伺えます。

イチロー:相性がいいというのが一番。話すリズムとか価値観とか同じ空間にいるのが心地いい。あと、親を大事にしてくれると思いました

弓子:自然な2人の空間が心地いいですね。信頼感がある人だなと思いました

結婚当時、イチローは26歳、弓子さんは34歳、という年の差婚でした。

イチローは子供を望んでいた

お二人の間になかなか子供ができないので、一部で「イチローは子供嫌いなんじゃないか」なんて囁かれたときもありました。

でも、この写真を見たらそんな疑惑は吹っ飛んでしまいますよね。

イチロー子供たちと笑顔で接するイチロー

イチローは過去にこう話していたそうです。

子供は欲しいですね。子供ができたらキャッチボールをしたいです。

父と子でキャッチボールする微笑ましいシーンは誰しも憧れますよね。イチローもそんな夢を持っていた一人の男性だったのではないでしょうか。

ただ、どうやら子供がなかなかできなかったようです。

子供を欲しいと思っているができない

とイチローは話していたそうです。

スポンサードリンク

イチローの嫁・福島弓子の不妊治療の報道

不妊治療イチローの嫁・弓子は不妊治療をしていた

イチローとの結婚当時、弓子さんは34歳。

35歳前後で不妊治療を行う人は近年増加していて、2000年には約30万人だったのが2010年には約60万人と倍増しています。

不妊治療をする芸能人も男女問わず多いですよね。政治家の野田聖子さんやお笑い芸人のエドはるみさん、元ボクサーの井岡弘樹さんなど。

野田聖子さんは、40歳から10年間不妊治療をし、最終的には50代でアメリカで卵子提供を受けて妊娠、出産して話題になりました。

野田聖子野田聖子は卵子提供をうけて出産

アメリカは卵子提供や精子バンク、代理母制度など日本より充実しています。現地メディアによると、弓子さんもアメリカでの不妊治療を行っていたと報じています。

特にイチロー選手がシアトルマリナーズにいた約10年間は、妻の弓子さんがシアトルで不妊治療を続けていたのもあって他チームに移籍しなかったとの報道もありました。イチローが28歳~38歳位、弓子さんが36~46歳位のころですね。

イチローに子供がいない理由は?

アメリカで卵子提供や代理出産の選択はなかった?

イチロー仲睦まじいイチローと嫁・弓子さん

スーパースターのイチローの子供を望む声は多いですが、周りが話題になっている以上に、このことに関しては夫婦間で何度も話し合ってきたんじゃないかと思います。

男性不妊でも女性が通院することになるため、報道からは不妊の原因がどちらにあったのか定かではありませんが、夫婦どちらかの精子や卵子に異常がある場合、他人から提供を受けるという選択肢がありますよね。また受精卵が着床しずらいのであれば現代は代理出産の方法もあります。

アメリカにいたのですから野田聖子さんの例のように卵子提供や、あるいは代理出産という方法も、もしかしたらお二人の選択肢に含まれていたかもしれません。

しかし結果的にはそういう話もありませんでした。なぜなんでしょうか。

イチロー卵子提供や代理出産の選択肢はなかった?

個人的な見解ですが、お二人は価値観もぴったりの仲良し夫婦で知られています。

そうであれば、他人の卵子や精子をもらったり、代理出産などを選ぶということは、二人の間に第三者が入ってくるようなもの。

こういうケースは後々、遺伝的な繋がりの有無に罪悪感を感じたり子供への告知で悩むなど、余計な悩みを抱えることもあるのだそうです。

こうして考えてみると、弓子さんに対して一途で、真面目な性格のイチローにとっては精子・卵子の提供や代理出産は「ない」選択だったのだろうなと察します。

イチローは野球界のスーパースターではありますが、どこかの王族や貴族とは違いますし、部外者が立ち入るのは無粋だと思いますが、お二人の間には、そこまでして子供を欲しがる理由が見つからなかったのかもしれません。

もしかしたら、相思相愛の夫婦だからこその相手への優しさもあったのではないかなと思います。不妊治療は女性にとって大変な負担です。

大切な弓子さんに負担を強いるうえ、余計な悩みを抱えることになるくらいなら、夫婦寄り添って幸せに生きよう、そう思ったのかもしれません。

残念ではありますが泣けてきますね。

スポンサードリンク

イチローと嫁・福島弓子の選択は?

イチローは弓子さんと、一弓(いっきゅう)というかわいらしい柴犬と日々過ごしています。

イチローと弓子さんと愛犬・一弓イチローと弓子さんと愛犬・一弓

愛犬の一弓は、2001年に生まれて2002年からイチロー家族と過ごすようになりました。一弓の名前は見て分かりますよね。一朗と弓子の名前を一文字ずつとっています。ここにも愛情を感じずにはいられませんね。

一弓は、イチロー引退時は、17歳と7カ月。もうすぐ18歳になろうかというこの年齢は、人間で言うとすっかりおじいちゃんですね。イチローが現役を終えるときまで一緒に過ごしてきた愛犬・一弓はお二人にとってかけがえのない家族になっているようです。

弓子さんはイチローの資産管理会社『IYI』を運営するとともに、高級エステ事業に乗り出しました。元々美容には興味があったそうです。

シアトルに立ち上げたエステサロンは地元のセレブにウケて大盛況!イチロー引退会見後の弓子さんの若々しい姿も話題になりました。詳しい記事はこちらに書きました。

弓子さんは実業家としての道を歩んでいますが、一方のイチローは引退後は何をするのでしょうか。「監督は無理」なんて言っていますが、早速ネットではイチローの面白Tシャツが再び話題になっています。

また、イチローのマリナーズ時代の契約に今再び注目が集まっています。「引退後の人生を豊かにする先見の明があった」と米経済誌が絶賛していますね。

詳しい記事はこちらに書きました。