炎上動画

大戸屋不適切動画は大阪シークル店!店舗名公開なぜ?休業対応には賛否両論!

2019年3月4日、大戸屋は不適切動画が流出し炎上した一連の問題を受けて、対応を発表しました。その対応については賛否両論の声が上がっています。

流出した大戸屋不適切動画や問題となった店舗、そして会社対応、Twitterの声についてまとめました。

スポンサードリンク

大戸屋不適切動画の店舗は大阪シークル店!

大戸屋不適切動画の内容は

2019年2月16日にSNS上に大戸屋の不適切動画が流出し炎上しました。

マスクをかぶり、アキラ100%の真似をして店内で裸になる

というあまりに下品な動画です。あまりに下品なため本記事への掲載はひかえます。

気になる方はこちらをクリックしてください。▶不適切動画を見る

スポンサードリンク

大戸屋不適切動画の店舗は大阪りんくうシークル店と発表

大戸屋ホールディングスは、問題の動画は直営店「大戸屋ごはん処りんくうシークル店(大阪府)」のアルバイト従業員が撮影したものであるとの社内調査結果を発表しました。

店舗名:大戸屋ごはん処 りんくうシークル店

所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来南3 りんくうプレジャータウンシークル

営業時間:11:00~22:00

大戸屋が問題の店舗を公開したのはなぜ?

一般的に、店舗がどこか公表してしまうと客足が減り、閉店に追い込まれる可能性もあるため、問題となった店舗名を公表することはありません。

しかし、問題の動画が流出して以降、SNS上ではバカッターの犯人探しや店舗特定で大炎上していました。

今回の場合は、犯人大学生の個人情報が流出し、店舗も「大阪の直営店である」という情報からSNS上で特定騒ぎとなっていました。既に隠すことは不可能だったと思われます。

スポンサードリンク

大戸屋の会社対応には賛否両論!

大戸屋ホールディングスが行った対応は次のようなものです。

  1. 問題の従業員3名を退職処分(2月18日付)
  2. 問題が起きた店舗を公表
  3. 法的措置を検討
  4. 3月12日にほぼ全店を休業し全従業員に研修実施予定と公表

くら寿司やセブンイレブンでも同様のバカッターによる動画炎上問題が生じ法的措置を検討すると報じられていました。法的措置による抑止効果には一定の評価もありました。

しかし、大戸屋は、店舗を公表し、全従業員へ研修を行う、という対応を発表し話題になっています。姿勢は素晴らしいと好意的に受け取られているようです。

https://twitter.com/misadroid/status/1102480560578940928

概ね好意的に受け取られているようですが、一方ではこんな声も。

問題を起こすのは大抵が正社員ではなくアルバイト従業員です。正社員と違って給与水準や雇用条件も良くなく、そもそも会社への忠義心などはそれほど無いでしょう。

辞めたら終わりで人の流動性も高く、本当に研修に意味があるのか疑問視する声もありますね。

とはいえ会社としての信頼回復に向けて取り組む姿勢には好感が持てました。今後このようなことが無いように祈るばかりです。

スポンサードリンク