炎上動画

キングコング梶原 炎上動画はコレ!宇野常寛が激怒した印象操作の内容は?

キングコング梶原と宇野常寛のバトル動画が流出し炎上しています。「ホリエモン万博」で共演した二人の映像について、宇野常寛さんは印象操作だと激怒しているようです。

問題となった動画、また、その内容についてまとめました。




キングコング梶原 炎上動画はコレ!

問題となっている炎上動画はこちらです。

2019年2月2日に共演したイベントの様子です。キングコング梶原と宇野常寛が煽り合っています。

宇野常寛さんは、イベントの様子について

“梶原はここぞとばかりに僕をバカにしてきた”

“慌てて形式的に謝罪した”が

“すぐに『みんなが面白くなるために(宇野にイジリを)した』と開き直った”

と語り、「帰るしかないなと思った」とイベントを途中退席したそうです。

宇野常寛が激怒した印象操作の内容は?

動画は前半部分のみ

キングコング梶原   悪ノリしたキングコング梶原

 

流出しているこの動画だけ見ると、果たしてイベントを途中退席するほどのものなのか、、と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、この流出動画に対して宇野常寛さんが激怒コメントを発信しました。宇野常寛さんの主張は次のようなものです。

“僕の告発を根にもったカジサックとそのファンが昨晩イベント当日の動画を自分たちに有利なように編集して拡散をはじめました

宇野常寛さんは、上の炎上動画がカジサックのファンによる意図的な編集が行われたものだと主張。

“そのことで、僕の側も悪いと印象操作することが狙いだと思います。動画は前後を切りとられ、まるで僕が梶原のノリを喜んでいるかのような印象に編集されています”

とコメントしました。流出動画は、イベントの前半部分で

宇野常寛さんが、少しでも楽しもうと、梶原のノリに努力して合わせようとしていた場面

で、その部分のみが意図的に切り取られ下のようなツイッターのコメントとともに拡散されています。

https://twitter.com/happystar0422/status/1092782084865683457




悪ノリ部分は削除されている

宇野常寛   印象操作に激怒する宇野常寛

 

実際に宇野常寛さんが気分を害した梶原さんの悪ノリ部分は動画には収められていません。実際には、

・冒頭から宇野常寛さんののチームを見るなり「弱そうだ」とバカにする

・身体的な特徴をイジったり、人格否定する

・宇野常寛の失敗をディフォルメしたジェスチャーでモノマネし、こき下ろす

など、随分とひどい言動だったようです。

実際の悪ノリ場面が流出動画には収められていないことに対して、宇野常寛さんは、イベント動画を有利に編集した印象操作だと主張しています。二人の溝はますます深まるばかりのようです。