トレンド

辻元清美の外国人献金問題 | 韓国籍弁護士A氏の素性と顔画像を調査!2月6日夕刊フジ【2019】

夕刊フジ,辻元清美

2019年2月6日、立憲民政党・辻元清美議員の外国人献金が報じられました。外国人献金は、政治資金規正法で禁止されている違法行為になります。

この報道が事実であれば、議員生命をも危うくする事態です。外国人献金を行った相手は韓国籍男性のようですが、一体どんな素性の人物なのでしょうか。




辻元清美の外国人献金問題

夕刊フジ,辻元清美            2月6日夕刊フジ独自取材

 

2019年2月6日、立憲民政党・辻元清美議員の外国人献金が報じられました。

・立憲民主・辻元清美の政治団体が外国籍の支援者から献金を受けていた

・献金を受けていたのは2013年と2014年

フジが、大阪府高槻市にある辻元氏の政治団体「辻元清美とともに!市民ネットワーク」の政治資金収支報告書を確認して今回の報道に至ったとのこと。

政治資金規正法は外国人献金を禁止しており、2011年には前原誠司外相(当時)が在日韓国人からの献金を受けたことが報じられ辞任しています。辻元清美氏は、

“ショックだ”

と記者団に述べ、夕刊フジの取材に「外国人献金」の事実を認めたとのこと。しかし、現時点での辞任は否定しているとの報道です。

韓国籍弁護士A氏の素性と顔画像

韓国     A氏は韓国籍弁護士

外国人献金をした男性は、夕刊フジによるとA氏とされています。A氏は、

  1. 大阪弁護士会所属の弁護士
  2. 在日コリアン弁護士協会に所属
  3. NPO法人コリア人権生活協会に所属
  4. A氏自身は韓国籍(在日3世)

との報道です。一般人のため顔画像は公開されていませんでした。ただ、大坂弁護士会所属ということなので、かなり限定されます。

 

A氏は夕刊フジの取材に対して、自らが韓国籍(在日3世)と認めたうえで

“辻元氏と名刺交換して、応援しようと献金した。政治資金規正法に抵触するとの認識はなかった” (引用元:夕刊フジ

さらに、

“献金後、辻元氏側から『献金に協力し、お金を送ってもらったが、外国籍からの献金は受け取れないので、別の会計処理をさせてください』と話があった。”

“どんな処理をしたかは分からない。私の方に返金はされていない”

(引用元:夕刊フジ

と説明しているとのことです。

前回の前原誠司議員のときもそうでしたが今回も韓国関連の不祥事。辻元清美氏は在日韓国人としても知られており、朝鮮学校への無償化を働きかけるなど、一部では

“日本のためではなく韓国のために政治活動をしているのではないか”

という冷ややかな悪評もたっています。




まとめ

2019年2月6日、立憲民政党・辻元清美議員の外国人献金が報じらたことを受けて、速報をまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました。