矢沢永吉

矢沢洋子の母・矢沢マリアの画像が気になる!モデル並みの美人?

矢沢永吉さんの現妻であるマリアさん。矢沢洋子さんの母であり、アメリカ人とのハーフであると言われていますね。

どんな方なのか気になります。

矢沢永吉さんの現妻であり、矢沢洋子さんの母であるマリアさんについて調べてみました。

矢沢洋子の母・矢沢マリアはどんな人物?

矢沢洋子さんの母・矢沢マリアさんは、アメリカ人とのハーフだと言われています。

マリアさんの生い立ちや経歴などは明らかにされていません。

一方、矢沢永吉さんは1949年9月14日生まれ、原爆投下後の広島県広島市に生まれ育ち、母親は3歳のときに蒸発、原爆被爆者であった父親とも死別。

幼少期は親族のなかをたらい回しにされるという、、壮絶な生い立ちです。

矢沢マリアとの出会いは永吉が人生のどん底にいたときだった

マリアさんとの出会いは、矢沢永吉さんがオーストラリアで事務所の元側近による巨額横領事件に巻き込まれ、35億円の借金を背負い、人生のドン底にいた頃です。

前妻のすみ子さんは、売れない頃から矢沢さんを支えてくれた存在でした。

ただ、子供が小さかったこともあり、仕事のことを家に持ち込まれることを嫌ったようです。

横領事件のあった当時、色々大変な時期に寄り添って欲しかった矢沢永吉さんとはすれ違いがあったのかもしれません。

矢沢永吉さんは寂しさを紛らわすために夜中に一人で酒に浸っていたとか。

そんななか彼のまえに現れたのがモデルで現在の妻のマリアさんです。

当時女性に不自由がなかった矢沢永吉さんに対してマリアさんは媚びることがなかったそうです。そこを矢沢永吉さんは気に入ったようです。

マリアさんはいつも矢沢さんのことを見つめてくれていたそうです。

「あなた、なぜ、そんなに生まれ故郷の広島のことでくだまくの」

「あなた、なぜ、自分の過去に吠えるの」

「なぜ、死んだ自分の父親の悪口をいうの」

「あなたは守られてないのね」

「あなたの奥さん、一体何をしてるの?なぜあなたをみないの」

「あなたがこんなに荒れるまで、なぜほっておくの?」

「あなたは日本のロック界のスーパースターかもしれないけど、私がみる限りは裸の王様そのものよ」

といっていたそうです。

彼女はいつも何かに怒っている矢沢永吉さんに

「自分が苦しいだけだから許してあげなさい」

と言っていたそうです。

マリアさんが矢沢さんをちゃんとみているという気持ちが伝わり、矢沢永吉さんは辛い時期を乗り越え新たな一歩を踏み出せたんですね。

矢沢永吉さんは不幸な生い立ちから、家族を大切にしたいという思いは人一倍深く、不倫をすることの罪悪感にとても思い悩んでいたとの話もあります。

ただ、本当に離婚しなくてはいけないくらい大切な人と出会ってしまったということかもしれません。

中途半端にせずに、時間をかけて協議離婚をして、けじめを付けたそうです。

矢沢洋子の母マリアの画像はある?

一般人であるためか、探したのですが、残念ながら顔画像は一切公開されていませんでした。(ごめんなさい)

ただ、子は親に似るもの、、。ですよね。笑

矢沢洋子さんと矢沢永吉さんを見比べてみると

洋子さんの目元はどこか日本人離れしていますよね。矢沢洋子さんは父親の永吉さんより、母親のマリアさんに似ているのかもしれないですね。

写真は、矢沢洋子さんですが、モデルみたいですよね。母のマリアさんはモデルとの話もあるので、きっとこんな感じでお美しい方なのでしょうね。

まとめ

矢沢洋子さんの母であり、矢沢永吉さんの現妻であるマリアさんについてまとめました。

本当に自分を分かってくれる人との出会いを果たした矢沢永吉さん。

人との出会いは縁なのでしょうね。