トレンド

訃報 | ベガスのKei が死去!?死因の原因・詳細は?今後の活動はどうなる?FaLiLV

2019年1月16日、Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiさんが2019年1月12日深夜に自宅にて急性心不全により死去していたと報じられました。

Keiさんはとてもお若かったはず。どうして心不全に??

あまりに若すぎる死に驚きを隠せないファンも多く、戸惑いの声が広がっています。

死因は何だったのでしょうか?また、今後の活動も気になります。




Kei さんの死去報道

訃報は2019年1月16日に報じられました。Keiさんが死去したのは2019年1月12日深夜とのこと、15日に近親者のみで葬儀が行われたようです。

Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが
平成31年1月12日深夜に自宅にて急性心不全により死去いたしましたことをご報告致します。
なお、葬儀はご遺族の意向により15日に近親者のみにて執り行われました。
 
あまりにも突然の出来事にメンバー、スタッフ一同、現実を受け止められていない状況です。
多くの人々に愛されたKeiはFear, and Loathing in Las Vegasにとっても同様に
かけがえのない、大切な存在でした。
 
Keiの冥福を祈りますと共に、生前多大なる応援をいただいた皆様に、心より御礼申し上げます。
 
最後に、この訃報に伴い
現在予定されているアルバムのリリース、ツアー、およびMEGA VEGAS
は一旦全て中止とさせていただくことをご了承ください。
それぞれ払い戻し等に関しては別途アナウンスいたします。
皆様にご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。
 
また、今後もFear, and Loathing in Las Vegasの活動は継続していく予定でおりますので
皆様にまたお目にかかれる日まで、どうか温かく見守っていただけますと幸いです。
 
―― Fear, and Loathing in Las Vegas(引用元:激ロック公式サイト

 

Keiさんの年齢は?

Fear, and Loathing in Las Vegas は2008年に神戸で結成されたバンドで、その当時、平均年齢が19歳という情報しかありません。

ネット上にある情報から、現在のメンバーの年齢は

  • Tomonori 29歳
  • Sxun 29歳
  • So 27歳
  • Minami 27歳
  • Taiki 29歳

とも言われています。

2013年に加入したKeiさんはTomonoriさん(29歳)の友人というお話もありますので、同年代の30歳前後だったと思われます。

年齢は確かな情報ではないですが、いずれにしてもあまりに若すぎる死です。

Keiさんの死因の詳細は?

報道では死因は「急性心不全」とされています。

急性心不全とは、、

全身に血液を送り出す心臓の機能が急激に低下してしまう病気をいいます。

心臓の異常は、とても危険で

  • 脳に新鮮な血液が届かなくなると数十秒で意識を失う
  • そのまま数十分間以上続くと、全身の臓器も虚血状態になり最後は死に至る

と言われています。

なかでも危険視されているのは動脈硬化です。今、若い人の間でも増えていると言われているそうです。

  • 食べ過ぎ
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 過度のストレス

が原因で、動脈硬化が急速に進んでしまうとのこと。

Kei さんに肥満や高血圧の兆候があったとしたら、動脈硬化の予備軍であったと考えられます。

今後の活動はどうなる?

関係者・スタッフともファンと同じでKeiの死をすぐには受け止められないですよね。

今後の活動について

アルバムのリリース、ツアーの開催、主催イベント「MEGA VEGAS」をいったん中止

する旨が発表されています。

ただ、Fear, and Loathing in Las Vegasは活動を継続予定 とのこと。

解散はないと思いますし、それはKeiさんも望んでいないでしょう。

とはいえ、ベガスはKeiというベーシストを失って、活動の方向性をすぐには決めきれないのではないでしょうか。

活動継続するにも並々ならぬ影響があります。

すぐに他メンバー補充ともいかないでしょうから、時間をかけて方向性を決めていくのでしょう。

ファンの反応は?

あまりに突然の死で戸惑いや驚きの声が上がっています。




まとめ

2019年1月16日、Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiさんが2019年1月12日深夜に自宅にて急性心不全により死去したと報じられたことをうけて、死因の詳細とファンの反応をまとめました。

あまりに若すぎる、、これからの活動に期待も大きかった分、訃報を受け止めきれません。

ご冥福をお祈りいたします。