生活改善

眠気に襲われるあなたへ。自分にとっての最適な睡眠時間とは?

皆さん、毎日十分な睡眠時間はとれていますか?

毎日忙しいと、どうしても眠る時間が不規則になったり、十分な睡眠時間を確保できなかったり、するかもしれません。

睡眠について調べてみると、面白いことが分かってきました。今日は、睡眠について書いてみたいと思います。

Sponsored Link




最適な睡眠時間とは?健康と睡眠の関係

一般に、健康や長寿に関して最適な睡眠時間は7時間だということが知られています。

アメリカで行われた調査では、睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低く長寿であった、という報告もあるそうです。

実際、日本人を対象に行われた調査でも、ベットに入る時間が6時間を切ってしまうと睡眠不足と感じる人が多かった、という報告もあります。

成長ホルモンは、アンチエイジング系のホルモンとして知られていますが、1日の分泌量の7割が睡眠中に分泌されます。

さらに、成長ホルモンの約7割が眠り始めの2,3時間に分泌され、その後全身に行き渡っていくそうです。

睡眠のサイクルは、浅い、深い、を繰り返すのですが、1サイクルは約90分とされ、一晩に4~6回繰り返します。

こうして見ていくと、やはり6時間以上は眠ると良さそうですね。

Sponsored Link




自分にとっての最適な睡眠時間を知る方法

とはいえ、最適な睡眠時間には個人差があります。どうしても忙しくて寝る時間を確保できない、という方もいると思います。

自分にとっての最適な睡眠時間、最低必要睡眠時間はをどのように把握すれば良いのでしょうか?

「一流の睡眠」という書籍で、臨床医・医療コンサルタントである裴英洙氏は、「睡眠ログ」という方法を紹介しています。1日1分もあればできる作業です。

「睡眠ログ」では、毎日、「入眠時間、起床時間、睡眠時間、寝覚め感、日中のパフォーマンス」をメモします。

具体例

日付 入眠時間 起床時間 睡眠時間 寝覚め感 日中パフォーマンス
○月○日 23:30 6:30 07:00 ○ 昼食後もすっきり
○月○日 24:15 6:15 06:00 × 会議中ねむい

 

こうして自分の最適な睡眠時間、入眠時間を把握する、というものです。

×の日が続くときも、記録をつけることで「体調やパフォーマンスを落とす、ギリギリの睡眠時間」も見えてくるので、自己管理に役立てることができるのです。

より詳細なデータを取りたい場合は、日中の眠気やだるさ、集中力の低下度、身体の疲労感など、自分なりに項目を増やして「○×△」をつけてみると良いでしょう。

いかがでしたか?

これなら簡単にできそうですね。

気になる方は試しに記録してみてはいかがでしょうか。最適な睡眠時間が把握できれば、自分なりに生活改善ができるかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link